さっきからずっとこの曲を聴いている気がする

CDラジカセ

 

これは、近所の知り合いから聞いた話。

 

夜遅くに、自分の部屋で雑誌を読んでいた。

 

BGMとしてお気に入りのCDを聞きながら。

 

最後まで聞き終われば、別のCDに変えるつもりだったという。

 

ふと目を上げて時計を見ると、違和感を覚えた。

 

「おかしい…」

 

雑誌を手にしてから小一時間はすでに過ぎていた。

 

しかし、全曲で50分足らずのこのCDの演奏が終わっていないから。

 

それに曲順を確認してみても、まだ半分ほどしか再生されていない。

 

途中でリピートでもされたか?と思ってプレーヤーも確認したが、通常の状態で何の設定もされていない。

 

彼女はふと、こう思ったそう。

 

「聞き流していたけれど、そういやさっきからずっとこの曲を聴いている気がする」と。

 

怪奇と同時に興味を覚えた彼女は、そのままプレーヤーを眺めていた。

 

やがて曲が終わると、そのまま普通に次の曲へと移る。

 

次の瞬間、プレーヤーとその真後ろにある壁との隙間から、”白くて薄っぺらいもの”が滑り出てきたという。

 

『手』だった。

 

女のそれに見えたと。

 

その手の指が器用にREW(巻き戻し)のボタンを探り当てて操作を行うと、またあの曲が頭から始まる。

 

そして手は満足したかのようにゆらりと一回揺れて、スルッと隙間に吸い込まれて消えたそうで。

 

彼女は慌ててプレーヤーに駆け寄り、持ち上げ、そこの一角を凝視した。

 

しかし何もない。

 

何の変哲もない床と壁の継ぎ目があるだけ。

 

ふと、これまでにあった奇妙な出来事を思い出す。

 

外出から帰ってくると、CDがかかりっ放しになっていたことが何度かあった。

 

自分が消し忘れたかどうかしたのだろうと考えて、あまり気にしてはいなかった。

 

「けれど、ひょっとして…」

 

その夜のうちに、あの手がお気に入りだと思われるCDを全部、棚の奥に仕舞い込んだとか。

 

彼女自身のお気に入りもあったそうだが、背に腹は代えられないと。

 

加えて現在、使わない時にはCDプレーヤーのコンセントを抜いておくのだそう。

 

「あの白い手がどれくらい知恵があるのかわからないけれど、今のところは独りでにCDプレーヤーが起動した形跡はないと思う」

 

そう彼女は言っている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ