足音

小学生の頃、妹と犬の散歩に出掛けた時の話。

 

夕暮れ時、妹がリードを引いて犬と一緒に先を歩く。

その後ろを歩く俺は、たぶん群れ的に順位低め。

 

犬の散歩コースの途中には、

4階建て鉄筋コンクリ造のアパートがある。

 

誰も住んでいないが、廃墟というわけではない。

階段の蛍光灯もちゃんと点く。

 

かあちゃんに聞いた話だと、そこは市営のアパートで

何年か後に建て替える予定なんだとか。

 

入居者はすでに新築アパートに移され、

こっちの建物は入居者が増えた時の予備として残されているそうだ。

 

まあ、子供は殺人事件があったからとか、幽霊が出るからとか、

勝手な噂をしていたけど。

 

そのアパートの前に通りかかった時、

急に犬がリードを強く引いて走り出した。

 

妹がスッ転んで、腕からリードが抜けたとたん、

犬は猛ダッシュでアパートに突入した。

ハッハ言いながら階段を駆け上がる。

 

いくら無人とはいえ、中でウンコでもされたら大惨事なので、

俺と妹も慌てて追いかけた。

 

階段が2つあるので、犬が飛び込んだ方に俺が、

もう一方は妹が上り、挟み撃ちにする作戦。

 

犬の名前を呼びながら1階づつ上り、廊下を見渡す。

2階、3階と、犬も妹もいない。

 

とうとう4階。

でも、やっぱり誰もいない。

 

ためしに反対側の階段に向かって「いたかー?」と叫ぶ。

「みつけたー」と返事。

 

「つかまえたかー?」と聞けば、

「まだー」と返事。

 

「つかまえられそうかー?」と聞けば、

「つかまえるー」と頼もしい答え。

 

そして、パタパタと階段を駆ける足音。

俺も、声が聞こえた方の階段へ向かって走り出す。

 

すると犬が階段を上ってきて、

ひょっこり顔を出した。

 

こっちを見ながら口を半開きに舌を出して、

ハッハ言いながら超ご機嫌。

 

妹のやつ、上手く追い込んだなと感心しながら、

俺が駆け寄ろうとした時、犬は屋上へ通じる階段の方を見て、

ピタッと動きを止める。

 

耳をピーンと立てて、

低くウウウゥ・・・・と唸り、

そして狂ったように吠え出した。

 

俺は犬に駆け寄ってリードを掴んだ。

犬が吠える方に顔を向けると、パタパタと階段を駆け上がる足音。

 

「○子(妹)、帰るぞ!」

と叫んでも返事がない。

 

仕方なく犬を連れて階段を上ろうするが、

犬は踏ん張って動こうとしない。

 

どいつもこいつも、どうしてこう俺の言うことを聞かないんだ!と、

イライライし始めた頃、下から「おにいちゃーん!」と声がする。

 

フェンスから身を乗り出して下を見ると、

妹がいた。

 

それじゃあ、上って行ったのは誰だ?と、

首を傾げながら、俺と犬はアパートを出た。

 

なぜか妹は半べそだった。

どうしたのと聞くと、鼻水をすすりながら答えた。

 

犬を探して階段を上っていると、後ろから何かが追いかけてきた。

怖くなって3階のガス栓なんかがあるスペースに身を隠し、

足音をやり過ごしてから慌てて逃げ出した。

犬もおにいちゃんも戻ってこないから、すごく心配したと言う。

 

足音というのは、たぶん屋上の階段を上って行った女の子だろう。

色々考えると急に怖くなって、俺らは急いで帰ることにした。

 

それ以来、そのアパートは犬の散歩コースから外した。

 

(終)

 

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ