おはじき

夏になる前のある日、

うちの家の玄関ドア前にガラスのおはじきが置いてあった。

 

3階建てのハイツで、小さな子供がいる世帯も、

また、小さな子供を連れて遊びに来るような世帯もいない。

 

それでも小さな子供を連れたお客さんが来て、

誰かが落として行ったのかな?と思って、捨てるのもなんだし、

しばらくそのままにしておいたけど、数日経っても、そこにある。

 

ある日、それをほうきで外の芝生のあるところに掃いた。

なんとなく自分の家のゴミ箱に捨てるのも嫌だったので。

 

そんなことがあったのも忘れかけていた頃、

また、うちの玄関ドア前に、おはじきがあった。

 

なんだかおかしいと思って、

今度は、すぐさま足で蹴ってどけた。

 

しばらくして私は外科の手術で入院して、

退院した半月後に、父は肺炎で入院した。

 

1週間ぐらいで退院できるだろうと言われていたのに、

その4日後に亡くなった。

 

私は嫌な感じがしたから、あのおはじきをどけたんだけど、

本当は、「どけない方がよかったのかな?」と今でも思う。

 

そのおはじきを、今日出掛けた帰りに、

お隣の玄関ドア前で、また見つけてしまった。

 

高齢のおばあちゃんと息子さん2人が暮らしていて、

よく私にも、おかずや炊き込みご飯をおすそ分けしてくれる。

 

考えすぎなだけかも知れないけれど、

よくないものなら、「どけてあげたいなぁ」と、気になっている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ