拾った携帯電話を交番に届けた一週間後

携帯電話

 

これは、不可解な出来事に遭ってしまった時の話。

 

その日、趣味のバス釣りで郊外の池に来ていた。

 

そこで『携帯電話』を拾った。

 

携帯電話には操作ロックがかかっている。

 

その日の夜は用事があったので、翌日に警察へ届けることにした。

 

しかし、就寝中の夜中にその携帯電話に着信があったようだ。

 

マナーモードの振動音がテーブルから響き、少しだけ目を覚ました。

 

翌朝は早めに起き、駅前の交番に届けた。

 

それから一週間ほど過ぎた夜、私の携帯電話に知らない番号から着信があった。

 

出ると、あの携帯電話の落し主のようだ。

 

相手は中年男性だろうか。

 

“お礼がしたい”と頻りに言われるが、丁寧にお断りする。

 

だが、次の夜もその次の夜も男性からまた着信があった。

 

あまりのしつこさに腹が立ち、その電話には出なかった。

 

その後すぐ部屋を出て、駅前の交番へ行った。

 

何度もお礼のお断りをしているのに、しつこいから迷惑だと。

 

しかし、警察官は書類を引っ張り出してくるや、怪訝そうな顔で私を見る。

 

「その携帯電話の持ち主はまだ現れていませんよ?」

 

そう言って、奥のロッカーからその携帯電話を持ってきて見せてくれた。

 

訳がわからなかった。

 

私は事情を話しながら自分の携帯電話を出して、着信履歴からあの携帯電話の番号にかけてみた。

 

すると、目の前で机の上のその携帯電話が振動し、呼び出されている…。

 

警察官も不思議そうな顔をして見ていたが、とりあえずその電話番号を控えるだけだった。

 

後はお決まりの言葉で、調べておきますね、と言われて帰宅した。

 

その夜だった。

 

突然、ドンドンドンと玄関のドアを叩く音で起こされた。

 

そして、「お礼、させてくださいよぉ~」と言う声。

 

あの男だ。

 

なぜ私の住所がわかったのだ?と、嫌な汗が湧き出た。

 

私はドア越しに、お礼ってまだ携帯電話を取りに行っていないじゃないですか、と言った。

 

すると男は、「早く俺を見つけて、お礼、させてくださいよぉ~」と言う。

 

俺を見つけてって…そこにいるじゃないですか、そう言うと、「俺はここじゃない。早く見つけてくださいよぉ~」と言う。

 

私は激しく怖くなり、頭から布団を被って朝まで震えていた。

 

翌朝、警察から話が聞きたいと電話が入った。

 

交番に行き、地図を広げて携帯電話を拾った付近を伝えた。

 

その夜、また警察から電話があり、事実の一部を知る。

 

あの池から溺死体が見つかったと。

 

それに携帯番号から持ち主を探していたところ、捜索願いが出されていたことと、携帯電話ビジネスで騙され自殺したがっていたと。

 

私は翌日、花を持ってその池に出向いた。

 

『見つかったけれど、お礼にはもう来ないでください』

 

心の中でそう伝え、手を合わせて合掌した。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ