肺ガン患者のレントゲン写真を見てゾッとした

レントゲン写真

 

私は病院でレントゲン技師をしているのだが、一度だけ現像が出来上がったばかりのフィルムをその場で破棄して撮り直した経験がある。

 

患者さんは末期の肺ガン。

 

胸部写真で病巣が何故か真っ白に写っていた。

 

不審に思ってよく見てみると、病巣全体に渡って小さな顔がビッシリと詰まっていた。

 

ちなみに、写っていた顔は全部同じ。

 

すぐさまドクターに相談し、その写真は患者には見せずに破棄した。

 

次に撮り直した写真には、ちゃんと癌組織が写っていた。

 

病院勤めだからか、心霊的な出来事はこれまでも色々とあったが、あれほどゾッとした事はない。

 

その後、撮影した患者さんは3ヶ月後に亡くなられた。

 

どんな境遇の方だったかまでは詳しく知らない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ