死んだカブトムシ

都会に暮らす子供が、

死んだカブトムシの電池を

入れ替えようとした。

 

生物に触れる機会が少なくなった

子供が増えたために、

それをからかう例え話であることが多い。

 

最近になって書籍などで紹介され、

再び広まりつつある。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ