中古品には十分気を付けましょう

布団

 

この話は母から聞いた話で、母は祖母から聞いたと言っておりました。

 

北海道のとある町の、戦前か戦後、この頃のことだそうです。

 

当時は物資が少なく、布団を買うにも新品を手に入れるのは難しい時代でした。

 

ある日、近くの中古屋に布団が入荷したとのことで、宇野さんという方が早速買いに行きました。※名前は仮名

スポンサーリンク

布団の出所

その布団は中古のわりに外側が随分と綺麗な物で、店の主人の話では、布団の外側を付け替えた物らしかった。

 

値段も随分と安かったそうで、宇野さんは言い値で即買い求めたのでした。

 

そうして宇野さんは布団を背中に背負って自宅まで帰りました。

 

端から見ると二人羽織でもしているかのような格好にも見え、また人を背負っているようにも見えたそうです。

 

帰り道の道中で、宇野さんに後ろから問いかける声が聞こえてきました。

 

「寒いか?暑いか?」

 

宇野さんは立ち止まり、後ろを振り向きました。

 

しかし、誰もいません。

 

「おかしいなあ?確かに声が聞こえたんだがな・・・」

 

再び歩き出すと、「寒いか?暑いか?」と、また聞こえる。

 

それも、とても近くで。

 

そこで宇野さんは気が付きました。

 

それは、背負っている布団から聞こえてくる声でした。

 

「寒いか?暑いか?」

 

「寒いか?暑いか?」

 

帰り道、ずっとその声が布団から聞こえていたそうです。

 

せっかく買った布団だけに捨てていくわけにもいかず、宇野さんは自宅に着くと家の者に相談し、布団を裂いて中を確かめることになりました。

 

そうして布団の外側をまくって綿を確認すると、中から血染めの綿が出てきたのでした。

 

宇野さんは恐ろしくなり、すぐさま中古屋に布団を持って戻りました。

 

中古屋の主人に事の顛末を話し、布団の出所を聞いてみると、「実は殺人事件があり、その時に仕入れた布団だからもしかすると・・・」とのことでした。

 

みなさんも、くれぐれも中古品には十分気を付けましょう。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ