最後に会いに来てくれたんだと思ったが

ロウソクの火

 

これは、祖母が亡くなった時の話。

 

我が家は分家で、本家とは馴染みが薄い。

 

本家の祖母は内孫だけ可愛がり、外孫の私や兄の事はあまり気に留めていなかった。

 

実際、祖母が晩年にボケた時は、話かけても認識するのは内孫の従姉だけで、私の事は「どちらさま?」という感じだった。

スポンサーリンク

微妙な表情の祖母

そんな祖母のお通夜の日の事。

 

私は離れにある従姉の部屋で仮眠をとらせてもらっていたが、誰かに揺り動かされた。

 

見ると、亡くなったはずの祖母がいた。

 

それも、生前の健常だった頃の姿で。

 

祖母は数秒ポカンとした顔で私を見ていたが、こちらがポカンだ。

 

そして祖母は少し黙った後、「・・・おばあちゃん、そろそろ行くから」と言った。

 

私は久しぶりに口をきいたなぁと思いつつ、「そこまで送って行くよ」と言って、玄関を出て先祖代々の墓場に続く途中の道まで見送った。

 

途中で祖母が「ここまででいいから」と言ったので、そこでサヨナラをした。

 

そのまま従姉の部屋に戻り、二度寝をしようとしたが眠れず、まんじりともしなかった。

 

※まんじりともせず

少しも眠らないさま、一睡もしないでいるさまなどを指す表現。

 

私は、「おばあちゃん、私の事はたいして可愛くなかった感じだったけど、最後に会いに来てくれたんだなぁ」と、少し感じ入っていた。

 

違和感はあったが・・・。

 

それを父に言うと、喜んでこう言った。

 

「おふくろ、最後はお前のこと覚えてもいなかったのになぁ」

 

しかし私は、祖母が私の顔を見た時の、あの微妙な表情が忘れられなくてずっと疑問を感じていた。

 

それから数ヶ月して、ようやく合点がいった。

 

私が仮眠をとっていた部屋は、祖母の部屋の隣りで、『従姉の部屋』だった。

 

従姉はあの日、通夜に来た客の世話で一晩中起きていて、私が眠いと言った時に「じゃあ、私の部屋で寝といで」と言ってくれたから寝ていた。

 

祖母は、最愛の孫の従姉に最後のお別れしようとして揺り起こしたら、どうでもいい孫が寝ていたから驚いただろうな。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ