旅館に泊まるのがトラウマになったワケ

人形

 

これは、とある旅館に泊まった時の話。

 

案内された部屋には、ガラスケースに入った1体の『日本人形』が置かれていた。

 

おかっぱ頭で、赤い着物を着た子供の人形。

 

その夜、その人形が私の夢に出てきた。

スポンサーリンク

異変

夢の中での場所は、その日に泊まっていた旅館の同じ部屋。

 

ふと布団から起きて、辺りを見回している私。

 

辺りは真っ暗なんだけど、だんだんと目が慣れてくる。

 

すると、部屋の入口付近に人形が立っていた。

 

暗くて人形の顔は見えないけれど、水平移動するようにスーっと私に近づいてくる。

 

そして目と鼻の先まで近づいたところで、私は怖くて「わっ!」と手で払い除けながら後退し、目が覚めた。

 

浴衣もシーツも寝汗でグッショリだった。

 

ゼェハァと息を吐いて、「怖かったー。何だったんだ、あの夢・・・」と思いながら、とりあえず水を飲もうと布団から出ると、妙な違和感に気づいた。

 

辺りを見回すと、人形が入っていたガラスケースが開いている。

 

そして、人形が・・・ない。

 

その時に初めて背筋が震えて、隣りで眠っている友人を揺り起こした。

 

そして明かりをつけて事情を話してからもう一度ガラスケースを見ると、いつの間にか人形が戻っていた。

 

ガラスケースも閉まっている。

 

結局、その後はもう怖くてたまらなく、フロントにお願いして毛布だけを持ってロビーのソファで寝ることにした。

 

それ以来、旅館に泊まるのがトラウマになってしまった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ