バザーで買った外国製の人形

人形

 

これは、私が小学4年生くらいの時に体験した出来事。

 

その時に通っていた小学校のバザーで、身長が30センチくらいある外国製の人形を見つけた。

 

見た目は古かったが、今まで売れなかったのが不思議なほど綺麗な人形だった。

 

私は「これは掘り出し物かも知れない!」と思い、その人形を受付へ持って行った。

 

その受付を担当していたPTAの保護者は、どことなくオドオドした様子だったが、その時の私は綺麗な人形を手に入れられたのが嬉しくて、あまり気にしなかった。

 

家に帰ってから、さっそく自分の部屋の本棚にその人形を飾った。

 

人形は黙って空を見つめていた。

 

その夜、私はあまり寝付けず、何回か寝返りを打っていた。

 

しばらくして仰向きになった時、ドサッと私の上に何かが覆い被さった。

 

その瞬間、私は動けなくなった。

 

声を出そうとするが、口が動かない。

 

唯一、目だけが動かせた。

 

私は、重みがした掛け布団の上を見た。

 

暗闇の中に、二つの青い光が見えた。

 

・・・いや、あれは目だ。

 

あの人形の目だ。

 

不気味な笑顔を浮かべながら、私の顔を見つめている。

 

人形の口が動いていたが、何を言っているのか分からなかった。

 

私が憶えているのはここまで。

 

その後は気を失っていたようで、気付いた時には朝になっていた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ