祖母の形見の人形にまつわる怖い話

人形

 

祖母が亡くなって形見分けの時、母が一体の人形を見つけた。

 

それは高価そうな日本人形ではなく 顔や髪も布地で出来た目の丸い女の子の人形。

 

一目見て可愛いと思った母は、それを私か妹にと親族に了承をもらい、私の物になった。

スポンサーリンク

私はこの人形が少し怖くなった

当時、私は縫い子で、妹はアパレル業界、母は呉服屋に勤めていた。

 

それで人形が地味な綿の着物だったので、母がちりめんや余り絹を調達して、妹が色を合わせ、私が人形の着物を縫った。

 

赤い牡丹に柿色の帯半襟は正絹薄萌木色にして、髪に薄い絹で椿をつけた。

 

「お人形遊びみたいだね」と話しながら、人形は母の蘭(花)のそばに飾った。

 

その翌日に妹が、「人形が『ほんまおおきに!』って言ってる夢見たよ」と言っていて、皆で笑った。

 

数日後、母の知り合いの親子が遊びにやって来て、その女の子が「人形が欲しい」と泣き出してしまった。

 

しかし、「形見なのであげられないの。ごめんなさいね」と母が謝ると、女の子は人形を掴んで床に叩きつけた。

 

ついでに蘭もぶちまけた。

 

その子の母親は、「子供のした事だから・・・」と言って、そのまま帰って行った。

 

母は人形に「ごめんね」と謝り、散らかった蘭の花を片付けた。

 

それから数日後、京都で大きな交通事故があり、人形を叩きつけた女の子はそれに巻き込まれて重症を負った。

 

まあ偶然かもしれない、と最近まで思っていた。

 

最近になって、またその子の母親が家にやって来て、 娘がようやく退院したと話していた。

 

そして、「ついては快気祝いにあの人形を譲って欲しい」と言う。

 

母は丁寧に断ったが、最終的に「人形で遊ぶなら小さい子だし、○○(私)がいいなら譲る」と言ったものの、私は「そもそも人形を叩きつける子供には譲れない!」と断った。

 

しかしその母親は、「子供が欲しいって言ってるのに!」と強く言うと、飾ってあった人形を取り上げて、またも床に叩きつけた。

 

その衝撃で、人形は足が少し曲がってしまった。

 

そして数日後、その叩きつけた母親も交通事故に遭った。

 

命に別状はなかったが、下半身不随になった。

 

そういった事があり、私はこの人形が少し怖くなった。

 

ありがちになるが、この手の怖い話は『髪の毛がリアルな日本人形』でしかあり得ないと思っていた。

 

しかし祖母の形見の人形は、見た目は普通の可愛いお人形だし、身内には被害もなく、むしろ妹が宝くじを当てたり、私の嫌な上司がいなくなったりで良い事の方が多い。

 

妹はもう一枚人形に着物を作ろうとして、自分で紫や黒色の布地を集めていたが、また夢に人形が出てきて「そんなんいやや」と言われたらしい。

 

これはただの夢かもしれないけどね。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “祖母の形見の人形にまつわる怖い話”

  1. 匿名 より:

    叩きつけ親子キチガイかよ

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ