山にまつわる3つの不思議な体験話

雪山

 

山にまつわる不思議な体験話を3つほど書いてみる。

 

まず1つ目の話。

 

僕の親の知り合いは登山が趣味で、彼から聞いた話らしい。

 

この男は登山マニアで、登山道の無いところを踏破する、通称ルートファインディングが趣味の持ち主だ。

 

そんな彼が言うには、奥地に行くと「絶壁を人が物凄いスピードで上がって行く様が見られる」らしい。

 

当然、絶対にそれはこの世の人間ではない。

スポンサーリンク

遭難者の霊と幻覚

次に2つ目の話。

 

僕は大学でワンゲル部に入った。(ワンダーフォーゲル=野外活動)

 

ある日、部の先輩が雪山に入り、避難小屋の中にテントを張った。

 

その深夜のこと、猛吹雪にもかかわらず外でアイゼン(登山靴に付ける雪用の鉄製の爪)を外す音がガチャガチャすると言う。

 

しかし、その後は誰も入って来ない。

 

深夜の吹雪の中でアイゼンを扱う人間など居るはずがない。

 

ましてや、小屋の中に入って来ないのはおかしい。

 

先輩いわく、「このようなカタチで遭難者の霊が彷徨っている」とのことだった。

 

最後に3つ目の話。

 

僕は社会人になってから暇だったので、社会人山岳会に少し在籍していた。

 

だが、その会の活動で遭難しそうになったことがあり、恐ろしくなってそれ以来は山はやめた。

 

その遭難は、会津の吾妻連峰に山スキーで入った時のこと。

 

天気が回復するとの天気予報を信じて入山したのだが、一向に回復せず吹雪が続いた。

 

登山をやめればよかったものの、深入りした我々3人パーティーは見事にホワイトアウト(吹雪で目の前が真っ白)に遭って道を見失い、気が付くと日没寸前でそのまま夜になった。

 

樹林帯を寝ずに突っ切らないと凍死するため、夜間強行を実施し、ずいぶん遅くまでさ迷った。

 

余談だが、人間という生き物は極限状況になると『幻覚』が見える。

 

僕の場合は木々の向こうに家が見えたりして、かなり参った覚えがある。

 

「あ、家だ」と思って近づくと、森があるばかり・・・。

 

これはかなり嫌な経験だった。

 

前を歩いていたメンバーは怒っていたし、後ろのメンバーは話していることが時間と共に脈絡を失っていった。

 

本当にどうしようもない思い出だ。

 

その後、慶応小屋を見つけて僕らは命拾いしたが、快晴となった翌日は自衛隊が捜索に出動してきた。

 

昨日の天気予報のせいで、僕ら以外のかなりの人が雪山に閉じ込めれていたらしい。

 

慶応小屋のおじさんによると、小屋に向かっていた人達の中でも来なかった人がいたという。

 

その人の物かどうかは分からないが、昼前に小屋に向かう道の真ん中で、山スキーが一本刺さった状態で見つかったとの連絡が入ったのを聞いた。

 

深夜、山スキーしか移動手段がないのに、それを刺すことなどあり得ない。

 

しかも一本だけ。

 

雪山では命のかかるスキー板は絶対に手放せるものではない。

 

多分このスキー板の持ち主は、最期に何かを見たか、気が触れたのだと思う。

 

山ではそういったことが起こっても、全く不思議ではないのだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ