ある頃から部屋の異変が始まった

アパート

 

これは、前に住んでいたアパートで起きた気持ち悪い話。

 

当時住んでいたのは、築30年以上の古い木造二階建てのアパートだった。

 

駅の近くだったが、古いせいか周りの物件より安かった。

 

当然、安い所に住む住民は、みんな生活状況が悪かった。

 

一日中咳き込んでいる老人に、四六時中訳の分からない言葉でケンカをしている外国人夫婦など、そんな所に住んでいた。

スポンサーリンク

何かおかしい・・・

当時の俺はフリーターで、働いてはいたが収入は少なかった。

 

そんな状況の中、ある頃から『部屋の異変』が始まった。

 

最初は些細なことから始まった。

 

中身を捨てた覚えがないのにゴミ箱が空になっていた。

 

ゴミなんて盗むヤツはいないだろうと、その時は勘違いということにした。

 

しかし数日後、またゴミ箱が空になっていた。

 

これで確信した。

 

誰かがゴミを盗んでいる、と。

 

でも、なぜゴミなんだろう?

 

そう思いはしたが、たかだかゴミが無くなったくらいで気に留めるのはやめた。

 

今度は数少ないパンツが一枚消えた。

 

コインランドリーに持っていき、帰って来たら昨日履いたのが無かった。

 

しかし数日後、なぜかそのパンツが部屋の中から出てきた。

 

何かおかしい・・・。

 

他にも、台所の流しにそのままにしていた茶碗が洗われていたことも。

 

もちろん自分で片付けた覚えはない。

 

そんなある時、家に帰ると押入れから物音がしたような気がした。

 

押入れを開けてみたが、当然誰もいない。

 

それから何日か過ぎた頃、俺は風邪をひいた為にバイトを早退し、いつもより早めに帰宅した。

 

そして、玄関のドアを開けるとソイツはいた。

 

俺が使った後の割り箸を舐めながら、その女は俺をじっと見た。

 

俺は大声を上げ、外に逃げた。

 

近所の人に警察を呼んでもらい、パトカーがすぐにやって来た。

 

俺は事情を説明して、警察官に部屋を調べてもらった。

 

しばらく外で待っていると、女の喚き声が聞こえ、警察官に捕まり表に出てきた。

 

翌日、俺は警察署に呼ばれ、教えてもらった詳しい事情はこうだった。

 

犯人は隣の部屋に住む一人暮らしの女性で、精神的に病んでいて通院中だった。

 

古いアパートだから押入れの天井はすぐ外せるらしく、そこから出入りしていた。

 

侵入した理由は、最初は隣人への好奇心らしかったが、それが恋愛感情に変わったそうな。

 

ちなみに、俺が隣人のその女を見たのはその時が初めてだった。

 

第一印象は、髪の長い痩せたその女の風貌が気持ち悪かった。

 

警察官は一通りの説明の後、こう付け加えた。

 

「あの女は精神疾患だからすぐ釈放されるだろう。あなたは引っ越した方が安全だ」と。

 

俺は早々に荷物をまとめて友人の家に転がり込み、少し経ってから今のアパートに移った。

 

そんなことから一年程が過ぎて忘れかけていた頃、アルバムを整理しようと開くと、あの女の写真が俺の写真の横に貼られていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ