その村で恐れられていたゴンボスジの家系

畑

 

これは、知り合いの話。

 

彼女の田舎の山村には『ゴンボスジ』と呼ばれる家があったのだという。

 

その家系は呪詛をよくしていたと言われ、恐れられていた。

 

※呪詛(そじゅ)

呪うこと。特に人が人を呪い殺すために行うものは、古来日本では呪詛と言われる。

 

ゴンボスジは畑に呪いをかける。

 

呪われた畑の根菜類を引き抜くと、藪睨み(斜視)の目玉が幾つか付いていて、抜いた者を睨み付けてから消える。

 

睨まれた者は、程なくして死んでしまうのだそうだ。

 

とりわけゴンボ(牛蒡)がよく呪われたそうで、故にゴンボスジ(牛蒡筋)と呼ばれるようになった、そう伝えられている。

 

大層恐れられたが、何故か避けられてはいなかったようで、村はよくゴンボスジの娘を嫁に迎え入れていたと聞く。

 

そしていつの間にか村の中に溶け込んでしまい、ゴンボスジは途絶えたという。

 

しかし今でも村では、「嫁を取ったら絶対怒らせるな」と伝えられているそうだ。

 

嫁がゴンボスジの血を引いていれば、相手にその意志が無くとも呪われるから、だとか。

 

ゴンボスジというのは女系の家で、まず女しか産まれなかったとも伝わる。

 

「・・・という、まぁ言い伝えレベルの話だけどねぇ」

 

そう言って彼女はカラカラと笑った。

 

私は相槌を打ちながら、「この人は怒らせないようにしよう・・・」と思った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ