深夜二時に突然訪れて来た見知らぬ母と子

インターホン

 

これは、心霊の類だったのか?はたまた夢なのか?という体験をした話。

 

私は以前、中学生を相手に家庭教師をしていたことがある。

 

それは学校が夏休みの夜中、当時一人暮らしだった私は寝ているところを「ピ~ンポ~ン」と鳴った呼出チャイムで起こされた。

 

時計を見ると、夜中の二時。

 

「なんだよ、こんな時間に・・・」と思いながらドアを開けると、小学生くらいの子供を連れた、見知らぬ若い母親と思われる女性がいた

 

そして突然、「ごめんなさい。うちの子に勉強を教えてあげてほしいんです」と頼んでこられた。

 

その時は何の疑いもなく、因果な商売をしているんだなと思った私は、その子を自室に入れた。

 

母親は、「二時間したら迎えに来ますので」と言って姿を消した。

 

子供相手だからと、お菓子とジュースを出して一緒に勉強していた。

 

しばらくした頃、母親が部屋に現れて、子供の手を引いてお礼を言いながら部屋から出ていった。

 

・・・と、時計を見たら午前四時。

 

「あれ?ドアは施錠したままだし・・・」

 

それに、なぜか私は布団の中にいた。

 

「あ、夢を見ていたのか」

 

しかし、起き上って周りを見回すと、ジュースを飲んだ後のコップが二つと、封を切ったお菓子の袋が置いてあった。

 

正直、未だに何が起きたのかよくわからない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ