昼間の俺に告げる俺自身の殴り書き

俺は関西の大学3回生。

 

一人でアパートの部屋で

寝ている時、

 

白い着物を着た、目の細い

若い女に首を絞められている、

 

・・・らしい。

 

らしい、というのは、

どうも夢の記憶が曖昧だからだ。

 

朝起きた時に咳き込んだり、

一種の不快感があるのは覚えている。

 

でも、普通に起きている時は、

 

今までその女が何回、

夢に現れたか覚えていない。

 

それどころか、

 

夜中にそんな夢を見ているという

記憶すら忘れてる。

 

だが、

 

実際夢を見ている時と

起きた直後は、

 

詳細にその女を

覚えているようだ。

 

4日前の朝、

ふと机を見ると、

 

一冊のノートに俺が書いたらしい

文章を発見した。

 

「また糸目の女に

首を絞められる夢を見た」

 

「白い服着た糸目の女。

無表情。力強い」

 

「ほとんど毎晩出てくる。

朝には忘れてる。やばい」

 

「人に話せば忘れない。

大学で。相談しろ」

 

と、以上の事が

殴り書きされていて、

 

かなり切羽詰まってた感じ。

 

俺は気味悪いな、

とは思ったが、

 

信用せずに悪い夢見たんだろ、

と結論付けて大学に。

 

3日前の朝、

またノートに殴り書き。

 

「マジで出てくる。

本当だった。ヤバイ」

 

「寝る度に何度も出てくる」

 

「信用してくれ、昼間の俺」

 

ここで初めて、

 

俺は毎晩夜中に幽霊に

殺されかけているのだ、

 

と実感した。

 

その文のお陰で、

微妙に思い出せた事は、

 

夢とは思えないほど、

リアルな圧し掛かった感触。

 

それを、大学の食堂で

話題にしたのが、

 

2日前の昼。

 

どうも毎晩、

幽霊に首を絞められている、

 

という話をツレにあっさり

笑われて流されてしまい、

 

そんなに困ってるなら

K先輩に相談しろ、

 

高野山出身らしいから

詳しいやろ、

 

と言われた。

 

偶然近くの席で

食事していたK先輩に、

 

相談を持ちかけてみた。

 

しかし、

やはり開口一番、

 

「アホ、幽霊なんぞ

おるわけないやろ。

 

お前が実際に変死でもしたら、

ちっとは信用したるけど」

 

と言われ、

俺は返す言葉もなく凹んだ。

 

実際、自分が死んでる姿を

思い浮かべてしまった。

 

どうも高野山出身なだけで、

 

先輩自身は完璧な無神論者らしく、

幽霊なんぞ全然信じてない様子。

 

部屋に帰って少しばかり

対策を練ったが、

 

何も思いつかずにいると、

K先輩がいきなり来た。

 

どうも俺のツレから

住所を聞いたらしく、

 

自分の部屋から仏教グッズを

どっさり持って来てくれた。

 

「ほれ、高野の数珠5~6個、

盛り塩、首に掛ける袈裟。

 

あと、弘法大師のポスターな。

 

幽霊なんておらん。

 

だけど、安心して眠れないのは

病気の元になる。

 

寝る前にこの般若心経の

コピーを読め。

 

それでも幽霊見たら、

病院連れてったる」

 

グッズの説明をした後、

K先輩はさっさと帰った。

 

高野山出身というだけで、

 

霊相談をされたり、

怪談ネタの提供を求められるらしく、

 

帰郷する度に近くの店で、

この類のモノを買い求めてるらしい。

 

その日の夜は、

安心して床についた。

 

四隅に盛り塩。

首に袈裟。

手足に数珠。

 

ポスターは・・・

一応壁に貼ってみる。

 

そして昨日の朝。

 

俺は、すごくスッキリした気分で

目が覚めた。

 

いつもの起床とは段違いに

新鮮な気分だったので、

 

「ああ、俺は本当に毎晩嫌な夢を見ては

無理に起きてたんだな」

 

と痛感した。

 

まぁ、幽霊がもう出ないと

決まったわけではないが、

 

興奮してその日の昼、

ツレに話しまくった。

 

すると、

 

俺の話は初耳だった

という別のツレが、

 

「え?K先輩が部屋に来たんか?

なら、もう大丈夫ちゃう?」

 

と、あっさり言われた。

 

気になったので詳しく聞くと、

 

実はK先輩は口は悪いが反面、

世話好きで人望も厚いらしい。

 

だから高野山出身ネタの為に、

 

オカルト幽霊話には必ず

引っ張りだされるらしいが、

 

そこに集まる自称幽霊が

見える人達によれば、

 

K先輩には特殊な波動やら

精神性やらがあり、

 

そこに先輩が居るだけで、

 

タチの悪い霊程度なら

消し飛ばしてしまうらしい。

 

ただし、先輩には自覚なしで。

 

居るだけで霊を

追っ払ってくれるので、

 

怪談をする時は

大変重宝されているそうだ。

 

その先輩が部屋に

来てくれたという事は、

 

俺の話す「白い幽霊」も、

どこかへ飛ばされたんと違うか?

 

という事。

 

俺は「へぇ~」と感嘆して

部屋に帰った。

 

まぁ、先輩の話が本当でも、

一週間は様子を見ないと。

 

で、今日の朝。

 

スッキリ気分でお目覚め。

ちなみに仏具は使いませんでした。

 

もう大丈夫な感じです。

 

2~3日したら先輩に仏具を返しに

行くついでにお礼も言っとこうかと。

 

ちなみに、

 

幽霊の方は消されたのか

飛ばされたのか分かりません。

 

先輩本人は無自覚なので。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ