その女性と交わした挨拶は死の予兆!?

窓

 

これは、とある山の観光地でバイトをしていた時の話。

 

バイトの期間中、日によって宿泊地は転々としていた。

 

ある日のこと、1日の仕事を終えて登山口の建物にあった宿泊地の寝室に入ったところ、一足先に到着していた先輩が顔面蒼白になっていた。

 

そして、「お前、誰かとすれ違わなかったか?」と俺に尋ねてきた。

スポンサーリンク

死が迫っていた?

先輩が言うには、その部屋の窓の外を通りかかった女性の下山者と目が合い、「こんにちは」と声をかけられたそうで。

 

ただ、先輩も「こんにちは」と返事をしたものの、その部屋は“3階”だったので窓の外に下山者の顔が見えるはずがなかった。

 

慌てて窓を開けて周囲を見渡したが、彼女の姿は見当たらず、そんな時に俺がやって来たとのことだった。

 

彼女がその方向に向かったのなら、そこは一本道なので必ず俺とすれ違うはずなのだが、俺はそんな下山者とはすれ違っていない。

 

なので俺はこう答えた。

 

「窓の下の坂道ではなく、坂道の上の方にいた人が目の錯覚で近くに見えたんじゃないですか?」と。

 

しかし先輩は、「ちょうど窓の真横を通ったんだよ。夜で真っ暗なのに目が合ったことが分かる程はっきりと顔が見えたんだ・・・」と言って顔面蒼白のままだった。

 

その部屋の真下には山岳救助隊の部屋があり、遭難死した人があった時には、そこに遺体を安置して一晩中ロウソクに火が灯されている。

 

だが、その晩にはそんな気配はなかったので、「かつて女性登山者の遭難死が相次いだこともある山の登山口だから、その頃の遭難者の幽霊かもしれない」と無理やりに結論づけた。

 

しかし、この時の会話が先輩と交わした最後の会話になった。

 

ほどなくして、その年のバイトが終わり、翌年にも同じ場所へ行ったところ、先輩はその春に就職したのでバイトには来ないと聞いていたが、実は先輩はその頃に結婚して数日後に急病死した、と後になってそう聞いて愕然とした。

 

もしも先輩が見たのが独身女性遭難者の幽霊だったのなら、目が合って挨拶を交わしたことによって幽霊に惚れられてしまい、結婚に嫉妬した幽霊が先輩を幽界に連れ去ったのかもしれない。

 

ちなみに、恩義のあるバイト先なので具体的な地名やバイトの職種は書けない、あしからず。

 

あとがき

民間伝承に、『幽霊と会話をすると死ぬ』という話がある。

 

死の予兆として伝わる話なので、先輩の宿命の死が迫っていたからこそ、見えたり挨拶が出来たのかもしれない。

 

それにその幽霊は、先輩と挨拶を交わした後に消えたのかもしれないが、消えずにそのまま進んだとすれば、俺には死が迫っていなかったからすれ違っても見えなかった、ということなのか。

 

だとすれば、日頃から街を歩いている時でも、死が迫った人には見えていても、自分には見えない幽霊とすれ違っていることも有りうるのだろう。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ