見張りを放棄した二人が見てしまったもの

銃

 

これは、自衛隊所属の親戚から聞いた話。

 

三日間、山に篭って仮眠だけで交代する、戦争真っ只中を想定した演習があるそうで。

 

この時、山の一部に作戦やら指令を出す部屋を掘って、その穴の中で機材やらを設置し、出入り口も敵軍に見つかり難いようカムフラージュする。

 

何から何まで本当に本格的に、だと。

 

そしてある時の演習時のこと、外には二人の隊員を見張りで配備していたが、“その配備された隊員が真夜中に任務を放棄してすっ飛んできた”

 

見張り二人「出たあー!!」

 

親戚(上官)「お前ら、見張りを放棄して何があった?」

 

その時、二人は顔面を真っ青にしてガクガクと震えていた。

 

見張り二人「見たんです!幽霊を!!」

 

話を詳しく聞いてみたところ、二人で見張りをしていると、前方からガサガサと物音がするので静かに注意した。

 

最初は動物かと思うも、明らかに人が歩く音が出ている。

 

数メートル先だったが、注視していると暗闇の中でも“人間のシルエット”が確認された。

 

そのため、二人で左右に分かれ、息を殺しながら対象人物に接近し、その者を捕まえる作戦に出た。

 

対象者との距離が三~四メートル付近になった時点で一旦止まり、静止を忠告するも、相手は全く聞く耳を持たない様子だった為、「これ以上は進んだら撃つぞ!」と言いながらジャキッ!と銃の装填音を出すも、微動だにしない。

 

この時はまだライトを点けていなかった為、隊員二人は同時に対象者を照らしたところ、そこには誰もいなかった

 

二人の見張り隊員は震えながら、今しがたの出来事を上官でもある親戚にそのよう報告した。

 

親戚(上官)「夜明けももうすぐだし、恐怖を殺して持ち場に戻ってくれ」

 

見張り二人「すいません!無理です!こればかりは無理です!」

 

押し問答の末、隊員二人は怯えながらも持ち場に戻ることになったのだが、その演習場所を含め、隊員の寮でも自殺者は多い。

 

様々な理由で耐え切れず自ら命を絶つ。

 

ニュースなどで公表されず、奇怪なことを経験する人も多いそうで、親戚曰く「彼たちが見てしまったのは、自殺した隊員なのかもしれないな」と教えてくれた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ