タイヘンダヨー!

俺が通ってた中学って

山の上にあったのね。

 

長い長い登り坂を

毎日チャリを押して登ってたの。

 

夏休みだったか、とにかくかなり暑い日に、

部活行く為に一人汗だくで、

いつものようにチャリ押して歩いてたんだよ。

 

そしたら、後ろからパタパタと

誰か早歩きで来るわけ。

 

俺、邪魔かなって思って、

追い越させようと道の端に寄ったのな。

 

足音がだんだんと俺に近づいて来て、

追い越すかなって時に

ピタッと足音が止んだんだよ。

 

あれ?と思って横目で見ると、

学ラン着た奴が立ってる、真夏に。

 

誰だよっと思って、

横目のまま顔を見ようとするけど、

なぜか顔は見えないようになってる。

 

何だよ!ってイラついて、

パッと横向いたら誰もいなかった。

 

おかしいなって呆然としてると、

後ろから、

 

「ア゛ータイヘンダヨー、タイヘンダヨー!

ヨーヘイ!ワタシタイヘンダヨー!」と、

英語教えに来てた外人さんが、

叫びながら全力疾走で俺に向かって来た。

 

外人先生はかなりてんぱっていて、

「キエタヨー!ミナカッタ?!タイヘンダヨー!」

をずっと繰り返してる。

 

俺は「はあ・・・まあ、幽霊じゃないすかねえ・・・。

大丈夫ですから落ち着いて」と、

暫く外人先生をなだめてた。

 

もう、あれから10年近く経つけど、

夏が近づくと思い出して笑ってしまう。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ