山の中にある廃墟での肝試しにて

廃墟

 

これは、もうだいぶ前のことになる。

 

悪友のマサオとタカシと3人で飲んでいた時に、酔っ払ったノリで近場の山の中にある『廃墟』へ肝試しに行くことになった。

 

ただ、廃墟と言ってもごく普通の民家で、こんな山の中に誰が住んでいたのか、そちらの方が気になるくらいの家だった。

 

ドアも窓も壊された廃墟に入り込むのは簡単で、懐中電灯を片手に建物の中を一通り見てまわり、外に出てタバコを一服する。

 

「なあ、そういえばここって女の子の幽霊が出るって話だよな?」

 

マサオ「ああ、昔この建物に連れ込まれて殺された女の子が出るっていう噂だ」

 

???「・・・・・・の」

 

「おい、今何か聞こえなかったか?」

 

マサオ「あ?何が?」

 

「何か聞こえたんだけど」

 

マサオ「気のせいだろ」

 

2人で顔を見合わせた。

 

「なあ、タカシは何か聞いたか?」

 

タカシ「違うって」

 

「え?」

 

タカシ「違うって言ってるんだよ」

 

「違うって何が?」

 

タカシ「だから違うんだよ」

 

「だから、何が違うんだよ?」

 

タカシ「その女の子はここで殺されたんじゃないって言ってるんだよ」

 

マサオ「おいおい、何言ってるんだよ、タカシ」

 

タカシ「だって、お前が『ここに連れ込まれて殺された』って言った時に、 『違うの違うの』って声がしただろ。ここで殺されたんじゃないんだよ」

 

次の瞬間、俺たちはもちろんすぐにその場を後にしたが、会話に割り込んできたあの声は、噂されている女の子の幽霊だったのだろうか・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ