非合法だが訴えようがない盗作漫画は実在する

紙と鉛筆

 

この話はウェブ漫画の某雑誌編集長がツイートされたもので、一部表現を改変して紹介する。

 

“非合法だが訴えようがない盗作”の例を私は知っている。

 

仕事柄、学生作品をよく見るが、ある年にとても面白い少女漫画を描いてきた学生がいた。

 

特にキャラクターが面白かった。

 

まだ電脳マヴォ創刊前で、「これ面白いから持ち込みしたら?」と彼女に勧めた。

 

だが、彼女はすでに某大手少女漫画雑誌に持ち込みをしていて、担当も付いていた。

 

しばらくして、「あの作品どうなった?」と彼女に聞いたら、「ボツになりました・・・」とガッカリしていた。

 

それから1年ほど過ぎた頃、彼女が血相を変えて私に報告しにやってきた。

 

手には、彼女が持ち込みをした雑誌の最新号が握られている。

 

彼女が指差したページを見たら、なんと別作家の作品に、彼女が使ったキャラクターと全く同じキャラクターが載っていたので仰天した。

 

非常に特徴のあるキャラクターで、偶然似るようなレベルではない。

 

盗作の犯人は間違いなく担当編集者で、新人の未発表作品をその作家に見せたに違いなかった。

 

「酷い。こんなことってあるんですか?」と泣き出す彼女に、私はどう慰めていいかわからなかった。

 

「残酷なことだけど、たまにこういう悪質な編集者やプロ作家がいるんだよ。弟子の作品を盗作する漫画家の話も聞いたことがある。今回は編集者だけど、酷い編集者に当たっちゃったね」

 

デビュー前の作家の作品から盗作というのは本当に悪質だが、仮に訴えたとしても公判が維持できるかは非常に難しい。

 

裁判そのものが却下される可能性が高いのだ。

 

何しろ、その作品を見た人間は作者本人と私、それから雑誌編集者とパクった作家以外にはいないから。

 

また他にも、こんな話も本当にある。

 

それは単にキャラクターの絵をパクられたというレベルではなく、非常に特殊な特徴を持ったキャラクターがクラスにいて、その特徴を軸に展開するストーリーなので、キャラクターが同じであれば必然的にストーリーも同じなのである。

 

この場合、彼女が先にその作品の同人誌を出していれば防げたかも知れない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ