狐火に出くわすと弁当が盗られてしまう

火の玉

 

これは、友人が体験した怪異話。

 

バーベキューに誘われたので、参加することにした。

 

差し入れとして、途中のコンビニで飲み物と肴を買っていく。

 

そうして会場のキャンプ場へ向かう峠道に差し掛かった時だった。

 

まだ昼間だというのに辺りが急に暗くなり、前方に何か”光るモノ”が沸いて出た。

 

火の玉が幾つか、ゆらりと宙に浮かんでいる。

 

驚いていると、現れた時と同様、サッと火の玉は消えてしまった。

 

おかしなモノを見たなと思いながら、山中のキャンプ場に到着した。

 

皆に「途中で火の玉を見たぜ!」と報告すると、一人がこんなことを言う。

 

「あそこの峠道、昔から狐火が出るとは聞いていたが、まさか仲間で見るヤツが出るとは…。出くわすと弁当が盗られてしまうって話だが、お前、何か失くなってないか?

 

慌てて荷物を確認すると、肴の類がすべて空になっていたという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ