日が暮れるとアブリコが出るぞ

峠道

 

これは、友人の怪異体験談。

 

夕暮れ時に、「出る」と噂される峠道を一人で歩いていた。

 

気がつくと、ズズッズズッと後をつけてくる音がある。

 

背後を見ると、足を引きずって歩いてくる小さな影が一つ。

 

ただ、そんなに暗くなってはいないのに、顔や服がどうにも見て取れない。

 

墨を流し込んだように、上から下まで真っ黒。

 

その時、風向きが変わり、影の方から異臭が流れてきた。

 

肉が焦げたような、嫌な臭い。

 

なぜかとてつもなく怖くなり、走って逃げ出したという。

 

「日が暮れるとアブリコが出るから、あんな所へ行くもんじゃない」

 

近所のお爺さんに、そう言われたのだそうだ。

 

「アブリコか・・・。”炙り子”とでも書くのかなぁ?」

 

彼は、そう言って首を傾げていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ