鏡を家の中に置いてから

鏡

 

これは、かなり前に下宿していた場所での話。

 

そこは古い家屋で、鏡の付いた洗面台がなかった。

 

ある日の夜、『鏡』を家の中に置いた。

 

そしたら、家の中の雰囲気が少し変わってしまった。

 

なんだか人の気配がする。

 

玄関からベットのある部屋に続く、短い廊下の辺りに。

 

…何かいる。

 

しばらくすると気配は消えた。

 

ただ、それからまたしばらくすると気配がする。

 

そしてまた消える。

 

こんなことが繰り返された。

 

気持ち悪いなと思ったが、姿のない気配だけではどうしようもない。

 

気が遠くなり、いつの間にか寝てしまった。

 

これは夢だと思う。

 

山を登る列車に乗っていた。

 

斜陽が差し込んで、他にも人が乗っているようだ。

 

箱根のような雰囲気がした。

 

理由はわからないが、私は焦っている。

 

「日が暮れる前に山を越えなくてはいけない。早く着け。早く着け」と。

 

かなりドキドキしていた。

 

でも、電車は一向に山を越えてくれず、しかも乗り換え途中のような場所が終点になっており、そこで降ろされてしまった。

 

もうだいぶ暗くなっている。

 

こんな中を、山なんて登るなんて冗談ではない。

 

仕方なく駅舎から出て、宿泊場所を探すことした。

 

駅の外は強羅のような感じがした。※強羅(ごうら)=箱根にある西洋スタイルの旅館を備えた丘の中腹の温泉リゾート

 

程よくそれらしい建物や家がある。

 

なぜか、少しだけ雪が積もっている。

 

しばらく歩くと、古民家風の民宿を見つけた。

 

ありがたいと思っていると、宿の人らしき人が姿を見せる。

 

小柄なおばあちゃんのようだ。

 

しかし、泊めて下さいとお願いしようとして近づいたところ、とても怖い顔になり、「おい、ここはお前の来る所じゃない。急いで帰れ!」と怒鳴られてしまった。

 

私は、言われるままに走った。

 

下りの電車にすんでのところで乗った気がする。

 

そこで目が覚めた。

 

ちょうど夕暮れの時間帯だった。

 

嫌な感じや気配はまだあった。

 

この部屋でこんなことがあったのは初めてだった。

 

ゾッとして、「まさか…」と思い、鏡をしまった。

 

鏡の面を紙で覆ってから、梱包されていた箱に入れ直し、ベットの下に置いた。

 

すると、部屋の空気が元に戻り、嫌な感じが消えた。

 

ちなみに、この鏡は量産品のものだ。

 

未だにあの気配や変な空気、そしてあの夢が何だったのかよくわからない。

 

でも私は、夢の中で会ったおばあちゃんに助けてもらったと思っている。

 

あとがき

人の気配は“複数の人が入れ替わり”という感じだった。

 

玄関に入ってすぐが風呂場だったので、余計に怖く感じた。

 

よくわからないが、霊の通り道という感じも。

 

もしかすると、私は無意識に霊道を作ってしまったのかもしれない。

 

ただ、もし何かの流れを変えただけだったなら、それ以前にも何かありそうなのだが…。

 

ちなみに、この鏡は怖くて数年間捨てられなかったが、その後になんとか廃棄できた。

 

夢での電車の中も、なんだか変な雰囲気だった。

 

どこか別の世界に連れて行かれそうな感じがしたから。

 

死後の世界との境目になっているものといえば川というイメージが強いが、電車もまた死後の世界へと繋がっているとよく耳にする。

 

とにかく、夢の中のおばあちゃんには本当に感謝しかない。

 

やはり、鏡によって何かの流れが変わった、という結論が自然なのだろう。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ