夜でも黒髪が綺麗に見えた日本人形の怪

日本人形

 

これは、人形にまつわる少し怖い思いをした話。

 

私の家には『古い日本人形』がありました。

 

この人形は本家から貰ってきたもので、年月が経っているせいか、少しだけ顔が黒ずんでいました。

 

私が初めてその人形を見た時は、「気持ち悪い人形貰ってきたなあ」くらいに考えていましたが、家族には高価な物に見えたのか、妙に大切に扱っていました。

 

それから数日後の夜のことです。

 

私は夜中にトイレに起き、2階から1階のトイレに向かう途中で人形を見つけました。

 

その人形は夜でも髪が綺麗な黒色に見えて、「なるほど、大切に扱うわけだ」と納得し、トイレに駆け込みました。

 

そして用を終えて2階に上がろうとした時、視線を感じて振り向きました。

 

でも何もなく、なんだったのかと注意深く見渡していると、人形が目に入ってしまい、「まさか…」と少しの間見ていると、ゆっくりと長い時間をかけて首をこちらに向けてきたのです

 

視線が合い、背筋に電気が走りました。

 

私は慌てて2階へ上がって家族の元に行き、「人形の首がこっちを向いたよー!」と必死に叫びました。

 

家族全員が起き出して、とりあえずみんなで1階へ行くことに。

 

そして階段を下りてすぐに、全員が「うわ…」と呟いて息を飲みました。

 

人形の首はこちらを向いたままでした。

 

ケースの中に入った人形は、向こうから階段を見ています。

 

父が人形の首を元に戻し、家族は居間に集まって話を始めました。

 

「イタズラではないよ!」

 

まず私はそう言い、家族に理解してもらいました。

 

話し合いの末、後日に本家へ「この人形はどういう物なのか?」と聞いてみることで、その場は終わりました。

 

翌朝、本家と連絡を取り、人形を返すことになりました。

 

しかし、人形は本家の方でも事を起こしたようで…。

 

「1階から2階へ階段を上る足音がする」

 

「少しづつ顔が剥がれてきている」

 

「夜中に部屋を走り回る」

 

など、“まるで生きた子供のような行動”をし続けたようです。

 

人間に危害を与えていないか聞くと、そういったことは一切ないと言われ、「たぶん小さい子供が居るんじゃろう」と納得されてしまいました。

 

その後も人形は活動し続けたそうですが、ある日を境にピタリと活動を止めたそうです。

 

そんなある日のこと、本家に遊びに来ていた私が「その人形どうするの?」と質問すると、「山の川に流す」とのことでした。

 

なんでも、昔からの習わしだそうです。

 

そして「一緒に川に流そう」と言われ、人形を持って山へ向かいました。

 

その道中、こういう物が他にも本家にあるのか聞いてみると、「昔はあったが今はもうない。いつの間にか消えた」と言われました。

 

川に着くと、人形には丁寧に布を何枚も重ねて、頭を下流の方向に向け、ゆっくりと人形から手を放しました。

 

人形は川を下っていき、次第に見えなくなり、「じゃあ、帰るか」と元来た道を戻っていきました。

 

途中、「後ろを振り返ってみ」と言われたので見てみると、小さな人影が川の方から手を振っているように見えました。

 

あとがき

最後、もしかして振り返ってはダメなやつでは?と思われるかもしれません。

 

私としては手を振るのは別れの挨拶だから、「短い間だったけどバイバイ」と、人形との別れを受け入れていました。

 

本家の方も、人形との付き合い方やお別れの仕方を熟知しているのでしょう。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ