自分の傍に居るおじさん

小学生低学年の頃、

家族で動物園に行った時の話。

 

その頃、親が忙しくて、

 

家族で出掛ける機会が

少なかったから、

 

すごく嬉しかったのを

覚えてる。

 

色々な動物を

見て回ってたんだけど、

 

ふと動物から目を逸らすと、

いつも同じおじさんが居るの。

 

猿山の向こう側に立ってたり、

 

振り返った時、

父親の後ろ方に立ってたり。

 

見たい動物のところに行ってたから、

ルートに沿ってたわけじゃないのね。

 

でも、見ると居る。

 

見た感じは、

普通にちょっと太ってて。

 

めがね掛けたおじさんなんだけど、

なんか気持ち悪くて。

 

帰る時まで、

気になって仕方なかった。

 

それで、

 

もう夕方だから帰ろうかってなって、

車に乗ったの。

 

ずっと歩き回ってたからか、

 

俺は疲れちゃって、

車乗ってすぐに寝ちゃったのね。

 

で、ふっと目が覚めて。

 

隣見たら、

 

さっきのおじさんが

座ってるの。

 

怖くなって、

助手席に座ってる母親に

 

「お母さん!このおじさん誰!?」

 

みたいなこと言ったのね。

 

そしたら、

母親は振り返って

 

「気持ち悪いこと言わないでよ。

誰もいないでしょ」

 

って言うの。

 

え・・・?ってもう一度、

隣を見たら、

 

母親が言う通り、

誰もいなかった。

 

それからしばらくは、

 

いつも自分の傍にあのおじさんが

居るんじゃないかってビクビクしてたよ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ