大勢の村人を見た場所

トラックの運転手で、

 

毎週、栃木まで運送やってる

南くんの話。

 

ノルマがきついので、

 

夜中に栃木の山中を、

猛烈なスピードで飛ばしてた。

 

街灯もない真っ暗な道を

ずーっと走って、

 

廃村を通り抜けたんだってさ。

 

廃村の中のゆるいカーブを

曲がりながら、

 

トラックのライトで突然、

何かが浮かび上がった。

 

着物のようなものを着た村人たちが

何十人と、こっちを向いて立ってた。

 

老若男女、みんな

こっち向いてたんだって。

 

夜中の二時に。

 

そんな居るわけない

と思いつつも、

 

焦ってたので飛ばし続けた。

 

翌日、無事に

荷物を搬送した帰り道、

 

日中に同じルートを

通りかかった。

 

あのカーブのところを

通りかかった。

 

「ここで大勢の村人を見たんだよな」

 

と思いつつ見ると、

 

そこは大きな荒れ果てた

墓場だったんだって。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ