廃村を探しながら歩いていると

廃屋

 

これは、部活の顧問から聞いた不思議な体験をした話です。

 

若い頃に一人で山に登った時のことでした。

 

その山は中国山地にあり、昔は村や集落が多くありました。

 

しかし今では過疎化が進んで廃村になっているところが多く、そういった廃村などを写真に残そうと思って行きました。

 

昔の地図と今の地図を見比べ、廃村を探しながら歩いていると、道の跡のようなものを見つけました。

 

ここを行けば廃村があるかも?

 

そう思って道を辿っていると、ちょっと開けた場所に出ました。

 

そこには立て札があり、目指していた廃村の名前とそこまでの距離が記されています。

 

もう少しだな・・・と思い、距離と方向を確認して、再び歩き出しました。

 

しばらく歩くと、雑草に覆われていた道がちゃんとした道になり、まるで誰かが整備しているような感じでした。

 

もうしばらく歩くと、村が見えました。

 

ただ、そこは廃村ではなく普通の村でした。

 

おかしいなあ?今年の地図には村は載ってないのに・・・。

 

少し不思議に思いながらも、目的の村に到着しました。

 

家や建物があり、道路には砂利が敷かれており、明らかに廃村ではなさそうな感じです。

 

廃村かと思っていただけにガッカリして、とりあえず散策するかと村を歩いてみました。

 

そうすると、次第に変だな?と思い始めました。

 

村に人が全くいないのです。

 

生活感はそこら中にあるのに、誰にも会いません。

 

その日は日曜日なのに、出歩いている人がいません。

 

村を一望できる所に行けば人が見えるかもしれない・・・。

 

そう思って、地図に載っていた高台にある神社へ行くことにしました。

 

その神社は村から少し離れており、また村を観察するにはちょうどいい場所にありました。

 

石段を登って境内に着くと、女の子が1人いました。

 

やっと村人に会えたのです。

 

さっそく女の子に話しかけようとすると、先に女の子が話しかけてきました。

 

「おまえ、外の人間か?」

 

お前、と呼ばれたことに少し戸惑いましたが、「そうだよ。町からこの村に来たんだ。ここは人が住んでいるの?」と聞き返しました。

 

すると、「いいや、ここは廃村だ。だから、すぐ帰れ。昼になると大人が帰ってくる。そうしたら、お前はここから帰れなくなる」と。

 

「どういう意味?」と尋ねてみたのですが、女の子は首を振り、「いいから、帰れ。お宮の裏の道を行けば帰れる。早く帰れ」と。

 

とにかく帰れと真剣な顔で言われ、その女の子が言った道を使って村から出ました。

 

変な子供だなあ・・・と思いながら歩いていると、いつのまにか元の道に戻り、そのまま出発した麓まで戻ってきていました。

 

後日、その村について調べてみたそうですが、昭和の半ばに過疎化により廃村になり、以後そのままということがわかったそうです。

 

そんなことがあっても、顧問は廃村巡りをやめませんでした。

 

その話を聞いた後、私は「そんなことがあったのに、やめないんですか?」と聞くと、「山中異界って言うじゃろう?どこの山も不思議なことはあるんだ」と言っていました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ