廃村の小屋で雨宿りをしていると

地蔵

 

これは私が体験した、少し不思議な話です。

 

学生時代、バイクで山を走っていた時のこと。

 

日本海を見に行こうと思い、山の中を気分よく走っていると雨が降ってきました。

 

最初はポツポツと降っているくらいでしたが、しばらくすると土砂降りになり、雨宿りができる場所を探しました。

 

すると、朽ちた家や小屋などがある『廃村』のような所に出ました。

 

ちょうどいい、ここで雨宿りするか。

 

そう思って小屋の前にバイクを停め、中に入りました。

 

上がり框(かまち)に腰掛け、ビスケットをかじっていると、雨音に混じって何か聞こえました。

 

ん?何だろう?と小屋から顔を出してみましたが、辺りを見渡しても誰もいません。

 

念のため小屋の中を探してみても、誰もいませんでした。

 

おかしいなあ?確かに人の声だったような・・・。

 

そう思っていたら、壁の向こうから何かが聞こえました。

 

「おなかすいたな~」

 

「おいしそうなのたべてたな~」

 

そんな感じのことを言っています。

 

そこに何かあるのか?と思い、外に出て壁の向こう側に行ってみると、草むらの中にお地蔵様がありました。

 

子供の頃、祖母から「お地蔵様は寂しがりやなんだよ」と聞いたことがあったので、周りの草を抜いてビスケットの残りをお供えしました。

 

そのお陰かどうかはわかりませんが、数分もすれば雨が止み、思っていたよりも早く出発することができました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ