百人で百物語のはずが

伊集院光の話。

 

伊集院は、TBSラジオで

深夜番組を長いことやっていた。

 

ある日、

 

その番組で「百物語」をやろう、

ってことになった。

 

恐い話を知っているスタッフ、

一般の人。

 

そして、

もちろん伊集院自身。

 

一人一話づつ話していって、

ロウソクの炎を消していく・・・

 

といった形だ。

 

当日になり、

きちんと百人集まった。

 

「じゃあ、始めようか」

 

伊集院が一話目を話し、

 

続いて二話目、三話目、

と続いていく・・・。

 

九十八話、

九十九話、

 

そして、百話目・・・。

 

だが、話し終えてしばらくしても、

特に何も異変はなかった。

 

「なんだぁ~、結局

何も起こらなかったな」

 

軽く落胆しながら、

 

百人は打ち上げをするために

居酒屋へ向かった。

 

酒のせいか、

百人とも馬鹿騒ぎをしている。

 

その中の一人が言った。

 

「ちくしょ~、俺も話したかったな~、

せっかくとっておきの話だったのに」

 

その一言を聞いて、

酒宴をしている空気が凍った。

 

「百人しかいないんだぞ?

どうして話してないんだよ!?」

 

百人は、放送されたラジオの

録音テープを聞いてみた。

 

五十六番目・・・

その話はこの一言から始まっていた。

 

「・・・三年前の事故で、

俺が死んだ時のことなんだけどさぁ」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ