いつも君を見てるから

パソコンを買った当初、

私は一日中ネットに興じていました。

 

私がパソコンの液晶モニターと

にらめっこしていると、

 

背後からから誰かに見られている

ような気配を感じました。

 

しかし、

 

後ろを振り返っても

誰もいない。

 

気のせいだと思って、

再びパソコンに興じ始めました。

 

午前2時も回り、

 

そろそろ寝ようかと思って

パソコンの電源を落としました。

 

電源が落ちて黒くなった

液晶の画面の埃が、

 

指ですり取られていた。

 

そう、それは雨の日の

曇りガラスに文字を描く様に、

 

「いつも君を見てるから」

 

・・・と。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ