アパートの風呂場に白い手

入社3年目の6月、

 

私は愛知県の営業所へ転勤となり、

引っ越しすることになった。

 

会社が探してくれた

2DKのアパートは、

 

独り身には

広すぎるようにも思えた。

 

が、入社以来、

 

狭い寮で生活していた私の目には、

とても魅力的に映った。

 

職場にも近いし、

家賃も安い。

 

なにより、

風呂付きなのが最高だった。

 

引っ越して何日目かの夜、

 

風呂でシャワーを使って

髪を洗っている最中のこと。

 

水流でぼやけた視界の隅に、

一瞬、妙なモノが映った。

 

浴槽の縁に置かれた両の手。

 

慌てて目を見開いて向き直ったが、

手など何処にもない。

 

『目の錯覚だろう・・・』

 

その時は、

そうやって自分を納得させた。

 

しかし、そんな性根を

嘲笑うかのように、

 

「それ」は、しばしば

私の前に姿を見せた。

 

シャワーを浴びている時、

石鹸を置いて振り返る時、

洗面器に手を延ばした時、

 

視線が浴槽を掠める

その一瞬。

 

私の眼が「それ」を捉える。

 

浴槽の縁にしがみ付く、

白い手。

 

半ば反射的に視線を戻しても、

次の瞬間には跡形もない。

 

それでも、回を重ねるうちに、

 

「それ」が子供の手だということに

確信するようになった。

 

一ヶ月ほど経ったある休日、

私は部屋の整理をしていた。

 

荷物を収納しようと、

 

備え付けのキャビネットの一番下にある、

引き出しを開ける。

 

底に敷かれていた厚紙を

引っ張り出すと、

 

その下にあった何かが

ヒラリと床に落ちた。

 

拾い上げて見る。

 

幼稚園児くらいに見える、

男の子の写真だった。

 

とっさに風呂場の手を連想し、

 

気味が悪くなったので

他のゴミと一緒に捨てた。

 

その日の夜、

 

テレビを見ていると浴室から

何やら物音が聞こえた。

 

行ってみると、

 

普段は開けっ放しの浴槽の蓋が

閉じられている。

 

開けてみると、

 

冷水が縁ギリギリまで

一杯に溜まっていた。

 

夏場はシャワーのみで済ますため、

 

浴槽に湯を溜めることなど

無いはずだった。

 

考え込みながら

水面を眺めるうちに、

 

私の背後にスッと、

影が立つのが見えた。

 

肩越しに、

髪の長い女の姿。

 

「ドンッ」

 

不意に背中を押され、

私は頭から冷水に突っ込んだ。

 

慌てて持ち上げようとする頭を、

凄い力で押さえ付けられる。

 

もがいて逃れようとするが、

ビクともしない。

 

肺から空気が逃げ出していく。

 

パニックに陥る寸前、

 

私は床を蹴って

浴槽に身を躍らせた。

 

体を回転させると、

 

浴槽の底に手足を突き、

全力で体を持ち上げる。

 

「ザバァー」

 

水面を破って立ち上がると、

呼吸を整え、周囲を見渡した。

 

誰もいない。

 

風呂場の扉は開いているが、

外の様子は伺い知れない。

 

風呂場から出る勇気が出ないまま、

私は浴槽の中に立ち尽くしていた。

 

「サワ・・・」

 

ふくらはぎに何かが触れた。

 

小さな手にゆっくりと、

足首を掴まれる感触・・・。

 

私は悲鳴を上げ、

 

ずぶ濡れのまま

浴槽から風呂場から、

 

そしてアパートから

飛び出した。

 

私が引っ越す前、

ここに誰が住んでいたのか?

 

ここで何があったのか?

 

大家はそれを語ろうとしなかったし、

私も聞こうとは思わなかった。

 

それから部屋を引き払うまでの

約一週間、

 

浴室の扉の前には、

 

荷物を一杯に詰めた段ボールを

積み上げて置いた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ