アパートの壁に描かれていたもの

Aさんが大学に合格したので、

大学付近に越した時の話。

 

いわゆる、

 

いわく付き物件ってとこに

入居したんです。

 

大家さんからは、

 

どんな事件があったのかを

聞かない約束で。

 

かなりの格安で借りれたそうで、

Aさんはとても喜んでいたのです。

 

そして引越し当日、

 

友達のBさんとCさんに

手伝ってもらい、

 

そのアパートへ行ったのです。

 

部屋の間取り図しか

見ていなかったので、

 

不安だったのですが・・・。

 

リフォーム済みなのか、

 

やけに小奇麗な部屋で

安心したようです。

 

しかし、

 

その部屋には似つかない

三面鏡が置いてあったのです。

 

前に住んでいた人が

置いていったものなのかな?

 

と思って、

気にせずに捨てることにしました。

 

3人で抱えながら外に出し、

部屋に戻った時にギョッとしました。

 

壁に、白いワンピースの女が

描かれていたのです。

 

とても綺麗な絵だったのですが、

彼女には足が描かれていないのです。

 

B「気味が悪いね・・・」

 

A「なんで、足を描いてないんだろう」

 

C「気持ち悪いけど、

壁を塗り替えるわけにもいかないし、

 

ポスターでも貼っとけ」

 

Cさんの意見に賛同し、

 

そのワンピースの女に見合う

大きさのポスターを貼り付け、

 

また淡々と片付けを始めました。

 

そして夜、

 

やっと片付けが終わり、

引越し祝いをし、

 

気付けば深夜。

 

Bさんは帰っていきましたが、

Cさんは酔い潰れてしまいました。

 

二人はすぐ横になり

眠りについたのですが・・・。

 

Cさんが足に激痛が走り、

飛び起きたのです。

 

C「いってぇ・・・なんなんだよ」

 

A「どうした?・・・おい・・・足・・」

 

Cさんの足首には、

赤い痕が付いていたのです。

 

C「なんか・・・いるよ・・・この部屋・・」

 

A「まっさかぁ~。

幽霊でも出るっての?

 

とりあえず寝ようぜ。

明日も朝早いしさ」

 

C「俺・・・帰る・・・」

 

ビビったCさんは

帰ってしまいました。

 

その日は何事もなく、

 

そして数日経っても、

何もなかったのです。

 

後日、Cさんがビビってただけと、

からかったりしていました。

 

しばらくして、

 

このアパートでの生活に慣れた頃、

Cさんが突然の死を迎えたのです。

 

死因は事故死だと言うのですが、

 

どうも不自然な死に方で、

両足が無くなっているというのです。

 

違和感が残るものの、

 

Cさんの葬式も終わり、

久しぶりに部屋に帰ってみると、

 

なにか空気が違っていました。

 

部屋を見渡すと、

ポスターが破れかかっている・・・。

 

一体、誰か・・・?

 

そして、その切れ端から、

 

だらりと赤い何かが

すじ状に垂れていました。

 

そんな・・・

 

まさか・・・

 

Aさんは覚悟を決め、

ポスターを剥がしました。

 

そこには、ワンピースの女が

微笑んでいました。

 

無かったはずの足と、

真っ赤に染まったワンピースの中で・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ