車のサイドミラーに映る子供

先日、

父親が知り合いを、

 

近所の病院へ

車で送った時の話を。

 

その病院は市の中心部から

少し離れたところにあり、

 

ちょっとばかり丘の上にある、

戦時中からある大きな病院。

 

入り口に着き、

 

知り合いを見送り、

帰ろうと思った時・・・。

 

助手席ガラスのすぐ向こう側に、

 

おかっぱで着物姿の子供が

こちらを見ている事に気がついたそうな。

 

そのとき父親は、

 

病院に来てる人の子供だろうと思い、

車を出した。

 

少し走った頃、

ふと助手席側のガラスを見ると、

 

同じ位置に、

 

まだそのおかっぱ頭の子供が

こちら側を見ていたらしい。

 

この子供、

走って追い掛けて来てるな。

 

危ないなあ。

 

父親はその時、

こう思った。

 

再び、

少しばかり走って、

 

さっきまで子供が覗いてた所を見たら、

姿は無かった。

 

諦めて帰ったのかな。

 

そう思って、

助手席側のサイドミラーを見たら、

 

ミラーいっぱいに、

さっきの子供の顔が映りこんでいた。

 

その時点で、

 

幽霊だと言うことに

気がついたそうな。

 

あと、その子供は、

 

男の子なのか、

女の子なのか、

 

分からなかったという。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ