この家の前でこれが落ちていました

巾着袋

 

これは、俺が小学6年生の時の話。

 

両親が共働きだったので、毎年夏休みの間は田舎の祖父母の家に預けられていた。

 

小さい頃からずっとそうだったから、そこでも友達はできた。

 

その夏のある日、友達と遊んで祖父母の家に帰る時のこと。

 

舗装もされていない道でそれを見つけた。

 

それは、小さな巾着袋。

 

何気なくそれを拾い、中を見た。

 

袋に入っていたのは、おはじきのようなもの、和紙で出来た人形、歯が何本も無くなっている古そうなクシ。

 

何か意識したわけでもなく、それが落ちていた横の家に行って「こんちは~」と声をかけた。

 

中からおじいさんが出てきたので、「この家の前でこれが落ちていました」と言ってその巾着袋を差し出した。

 

すると、おじいさんの顔つきがみるみるうちに豹変し、俺は胸ぐらを掴まれながら、「なんでお前がそれを持ってる!なんで持ってきた!なんで戻ってきた!」と怒鳴られながら突き飛ばされた。

 

何が何だか訳がわからなく泣きながら逃げ出し、祖父母の家に帰った。

 

家に着くとすぐに、尋常ではない自分の様子を見た祖父母が心配して声をかけてくれたが、なぜか自分が悪いことでもしたのでは?と思い、ただ食欲がないと言ってその夜は風呂も入らず床に就いた。

 

翌朝、早くから騒がしい音で起きた。

 

祖父母も慌ただしく動いている。

 

「何かあったの?」と聞くと、「近所のおじいさんが亡くなった」と。

 

朝ご飯を食べながら祖父母の話に耳を傾けていたら、どうやら昨日のおじいさんが首を吊ったようだった。

 

俺はパニックになり、泣き始めた。

 

祖父母が「大丈夫、大丈夫」と慰めるが、「違う!そうじゃない!」と前日の出来事を泣きながら話した。

 

しばらく沈黙した後、祖父が言った。

 

「そうか、その袋にクシが入ってたのか。昔にな、あのおじいさんの子供が行方不明になってまだ見つからんのじゃ。そうか、さっちゃん帰ってきたんだな」

 

ちなみに、その子の名前は『さち』というそうだ。

 

実は田舎の友達の中に『さち』という名の女の子がいたが、祖父母には黙っていた。

 

なぜなら、そのおじいさんが亡くなってから彼女の姿を見なくなったので、もしかしてそうかもと思ったから。

 

中学生になってからは、塾通いのため田舎で過ごす夏はなくなった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ