塀の穴を覗くとそこには

俺の住んでいるところは田舎です。

 

高2の夏ぐらい、

 

彼女が住んでいるマンションの下で

待ち合わせをしていました。

 

なかなか来ないなぁ

って思って時計を見たら、

 

夜10時ぐらいになってました。

 

その時です。

 

俺はブロック塀を背に

座ってたんですが・・・。

 

そのブロック塀の後ろで、

 

ぼそぼそと話し声らしきものが

聞こえてきました。

 

ブロック塀の下辺りには

穴が開いていて、

 

そこからなんだろなぁって、

覗き込んでみました。

 

すると、

 

塀の向こうからも坊主の子供が

こちらを覗き込んでいました。

 

その子との顔の距離、

約30センチ。

 

しかも、その子は

白目を剥いていました。

 

塀の向こうは川になっていて、

 

人が立っていられるほど

浅くありません。

 

俺はそのまま意識を失い、

その後来た彼女に起こされました。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ