田舎で出会った不思議なお姉さん

田舎

 

小学2年生の頃の話。

 

小さい時に母ちゃんが死に、俺は親父に育てられていた。

 

父子家庭が原因なのか内向的な性格で、小学校で壮絶ないじめに遭っていた。

 

1年生の頃からずっといじめ続けられ、とうとう2年生で登校拒否になった俺は、一時的に母方の実家の田舎に預けられた。

 

そこは物凄い田舎で、まだ日本にこんなところがあるんだな、と思った。

 

そこでのんびりと過ごすことになった。

 

過疎が進んでいて、地域にいる子供は高校生が3人いただけだった。

 

一人が気楽だったし、虫好きだった俺はよく虫捕りに出掛けていた。

 

そんなこんなで半年ぐらいが経った時。

 

8月だったと思うが、一人の女の人と知り合いになった。

 

20代後半から30代前半くらいの、黒髪の長い綺麗な人だった。

スポンサーリンク

お前、誰と遊んどったんや?

きっかけは、向こうから俺に話しかけてきたこと。

 

「ボク、ここらへんの子じゃないよね?夏休みで来たの?」

 

しどろもどろになった俺を察してくれたのか、虫篭に目線を向けて、「あ!いっぱい捕まえてるね。見せてくれる?」と。

 

俺も虫の話なら大好きだったから、その人に色々と説明してあげたりした。

 

その人は相槌を打ちながら、「すごいね」、「へぇ」と言ってくれていた。

 

他人に褒められたことなんて無かったから、純粋に嬉しかった。

 

その日から、そのお姉さんと遊ぶようになった。

 

一緒に虫捕りに畑へ行ったり、川に行ったり。

 

待ち合わせは、いつも川の近くのお地蔵さんの前。

 

爺ちゃんと婆ちゃんにお姉さんの話をしたら、「あぁ、夏やから○○さん家の娘さんが帰ってきとるんやろ。迷惑かけちゃいかんよ」と言っていた。

 

超過疎状態でよそ者も来ない土地だったから、そんなに気にも留めてなかった。

 

お姉さんは不思議な人で、あまり自分の話はしなかった。

 

俺が家族の話とか訊いても、全部うまくはぐらかしていた。

 

でも俺の話は親身に聞いてくれて、学校でいじめられていたこと、母ちゃんがいないこと、爺ちゃんや婆ちゃんにも言わなかった弱音もよく吐いた。

 

俺の愚痴を聞き終えると、いつも優しく慰めてくれた。

 

俺は、「お姉さんが母さんだったら・・・」と、よく思った。

 

そうお姉さんに言うと、なんだか悲しそうな顔をしていた。

 

でも、お姉さんと出会って少し経った頃から、体調が悪くなり始めた。

 

最初は風邪かなと思ったけれど、熱は無いし大丈夫だろうと考えていた。

 

何より、お姉さんに会えないのが嫌だったし、気分が悪くてもお姉さんとのいつもの待ち合わせ場所に向かっていた。

 

体調はどんどん悪くなり続け、爺ちゃんや婆ちゃんも心配になったのか、俺を家で寝かしつけておくも一向に良くならない。

 

俺は俺で、お姉さんに会いたいとずっと文句を垂れているから、爺ちゃんがそのお姉さんの実家であろう家に電話をかけた。

 

電話をかけ終わると爺ちゃんは突然焦った様子で、「お前、誰と遊んどったんや?○○さん家の娘さん、今年は帰って来てないって言うぞ!?その人の名前は?どんな人や?」と訊いてきた。

 

俺は混乱しながらも、よく考えたら名前を知らなかったことに気づいた。

 

とりあえず特徴を告げると、急いでまた電話し始めた。

 

俺は何をそんなに焦っているんだろうと思ったけれど、よく考えたら知らない人間がいるなんてありえない地域だった。

 

周りは全員知り合い状態だし、よそ者が来たらすぐに分かる土地。

 

ましてや、知らない人が住んでいるなんて尚更ありえない。

 

でも小さい俺は、それがよく分からなかった。

 

結局、そんな女性はいないと分かり、爺ちゃんと婆ちゃんも不気味に思ったのか、その日から俺はお姉さんとの待ち合わせ場所へ遊びに行くのをやめさせられ、家の近くで遊ぶようになった。

 

それに、少しはマシになったものの、体調は相変わらず悪かった。

 

本当はお姉さんに会いたかったけれど、これ以上、爺ちゃんと婆ちゃんにも迷惑をかけられなかった。

 

その日も家の裏の畑で虫探しをしていると、昼頃に「●●君、こんにちわ」と、お姉さんが突然やって来た。

 

俺はもう嬉しくて、また一緒に虫捕りをして遊んだ。

 

でも、なぜか分からないけれど、俺はあんなことがあったにも関わらず、お姉さんの素性を一切訊かなかった。

 

それに、少し離れた所には爺ちゃんと婆ちゃんも居たのに、二人ともお姉さんに気づいていないようだった。

 

その夜、思い出したように訊いてみた。

 

「なんで昼間、お姉さんと虫捕りしてたのに何も言わなかったの?」

 

そう言うと、二人は突然青ざめ始め、「昼間って、お前一人で遊んでたろう?爺ちゃんも婆ちゃんもお前が遠くに行かんかずっと見とったぞ」と言った。

 

二人はどんどん顔が強張っていき、爺ちゃんは急いで親父に電話した。

 

電話が終わると爺ちゃんは、「悪いけど、●●、お前はもうお父さんの所へ帰れ。もうここにおっちゃいかん」と言った時は本気で絶望した。

 

ここからは、俺が大きくなってから聞いた話だが、この土地はずっと昔に『子供の神隠し』が多発していた場所なんだという。

 

どうやら、友達が少ない子ほど神隠しに遭いやすいという言い伝えがあったらしい。

 

そして、神隠しに遭う子は、居なくなるちょっと前から原因不明の体調不良に襲われるのだと。

 

でも爺ちゃんは、どうせ友達を多く作るための方便と思っていたらしい。

 

だけど、神隠し云々に関わらず、爺ちゃんは当時の俺をどうもおかしく感じたらしく、帰らせることにしたと。

 

駄々はこねたものの、結局は一週間後に帰ることになってしまった。

 

帰ることが決まってからの一週間、俺は家を一歩も出ることが出来ず、ずっと家の中に居させられた。

 

婆ちゃんは相変わらず不安そうだったが、俺はお姉さんに会えなくなることをずっと悲しんでいた。

 

そして帰る当日の朝、親父の迎えを待ちながら庭の縁側で泣きながらうずくまっていると、突然お姉さんがひょっこり現れた。

 

おかしいとは思いつつも、恐怖は微塵も感じなかった。

 

「●●君、どうしたの?」

 

いつものように優しく話しかけてきた。

 

俺はもう帰らなくちゃいけないことを伝えると、寂しそうに「そっか・・・でもそれがいいと思う。大丈夫、お姉さん遠くで応援してるから」と言った。

 

最後に俺が、「ここに来たらまた会える?」と訊くと、悲しそうに首を横に振り、歩いて庭から出ていった。

 

家に帰った俺は、それからは何故かいじめにも遭わなくなり、体調も良くなって普通に暮らすようになった。

 

でも、あれから一度もお姉さんとは会っていない。

 

結局、お姉さんは何者か分からなかった。

 

幽霊かも知れないし、神隠しの使者かも知れない。

 

神隠しから守ってくれたのかも知れないし、普通の人間だったのかも知れない。

 

本当に不思議な体験だった。

 

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ