100年も村中を駆け回る少年の怨霊

村

 

これは、ある小さな村での嘘のような本当の話。

 

俺の田舎は山間にあり、戸数10戸程の小さな村だ。

 

その村では毎年11月12日だけ、夜半過ぎには全ての家の人が消灯して床に就く。※夜半過ぎ=午前0時~午前2時頃まで

 

それは何故なのか?

スポンサーリンク

妹を生き返らせるために

100年ほど昔の明治時代の頃、貧乏で身寄りのない乞食兄妹が村に流れ着いてきた。

 

時は11月12日の冬間近の季節でもあり、妹は弱ってすぐに衰弱死した。

 

「妹が死んだ!何か食わせればまだ間に合う!食い物をくれ!」

 

生き返るはずもないのに、真夜中の村を妹を生き返らせたい一心で兄の少年は駆け回った。

 

少年のあまりに凄まじい様子に、恐れ慄いた村人達は戸を固く閉ざし、ただ震えていた。

 

翌朝、兄は妹の躯の傍らの木の枝で首を吊った。※躯(むくろ)=死体

 

その翌年から、毎年11月12日の真夜中には「タッタッタッタッタッ」、「ドン!ドン!ドン!」と、その少年の怨霊が無念を晴らしきれずに村中を駆け回るようになった。

 

俺も小さい頃はそれを恐ろしく感じ、その日は午後8時には床に就き、なるだけ午前0時には夢の中にいるよう心がけた。

 

しかし一度だけ、2階の自室から外の様子を覗いていたことがあった。

 

好奇心だった。

 

真っ暗な部屋のカーテンの隙間から、家の近くにある街灯の辺りをじっと観察していた。

 

そして夜半過ぎ、2つ隣の家の戸口を叩く音がした。

 

「ドンドンドンドンッ!!」

 

次に、隣の戸口を叩く音。

 

そして「タッタッタッタッタッ・・・」と、暗闇から突如街灯の光の中に現れた影。

 

来た!!

 

街灯に照らし出されたその少年の目はカッと見開かれ、鬼のようであった。

 

ボロボロの布切れを纏(まと)い、草履も履かず。

 

骸骨のような細い手足が印象的だった。

 

その時、フッとその少年の顔がこちらを向く。

 

俺に気付いたのだろうか?

 

街灯を物凄い勢いでよじ昇りだした。

 

俺は慌てて布団に潜り込み、息を潜める。

 

すると、部屋の窓ガラスを「ドンドンドンッ!!」と叩く音がした。

 

俺はブルブルと震えながらも、その少年が立ち去るのをじっと待った。

 

10分・・・20分・・・、もう大丈夫だろう。

 

布団から顔を少しだけ出し、カーテンの隙間を見る。

 

そこには、窓にへばり付いてこちらを睨んでいる少年の恨めしい顔があった。

 

俺は身動き出来ずに、目も逸らせない。

 

油汗だけがダラダラと頬を伝う。

 

しかしその少年は何をするともなく、やがて寂しげな表情を浮かべると闇の中へと消えていった。

 

しばらくして、隣の家の戸口を叩く音がした。

 

翌年から、その日だけは両親の部屋で一緒に寝るようになった。

 

今年もおそらくあの少年はやって来るのだろう。

 

生き返ることのない妹を生き返らせるために。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ