漫画家先生の自宅へ行った時に

4年ほど前、

売れない漫画家だった。

 

某マイナー系の雑誌で、

 

そこそこに人気のあった

漫画家さんのところに、

 

3日間という約束で、

アシスタントに行った時の話です。

 

引っ越したばかりの

狭いながらも、

 

新築で、綺麗で、

清潔そうなマンションで、

 

その漫画家先生も、

修羅場の割には穏やかだし、

 

先輩のアシスタントも

気さくな良い人たちで、

 

とても気持ち良く

仕事が出来ました。

 

・・・2日目の夜までは。

 

2日目の夜、

 

皆で眠い目と脳を、

熱い日本茶で覚ましつつ、

 

少し休憩していた

時のことです。

 

誰かが、その部屋に元から

付いているという有線をつけ、

 

ちょっと懐かしめの歌が聞こえる

チャンネルに合わせました。

 

皆疲れているので、

無言でそれを聞いていました。

 

すると、

 

音が大きくなったり、

雑音混じりに小さくなったり・・・。

 

「逆に気になって仕事にならないね」

 

と、漫画家先生が

消しに立ち上がった瞬間、

 

「てすと」

 

と、滑舌の良いハッキリした

子供の声がしたんです。

 

全員、「???」と、

漫画家先生の方を見ましたが、

 

先生は首を横に振るだけ。

 

「聞こえたよね?」

 

と誰かが言うと、

 

「混線したんじゃない?」

 

と誰かが答え、

 

先生は有線を消して、

皆で仕事に戻りました。

 

それから緊張の続く中、

1時間ほど作業をしていると、

 

今度は天井の方から

 

「てすと」

 

と言う、

さっきと同じ声がして、

 

続けざまに、

 

隣に座っていた

先輩アシスタントの後ろの壁、

 

私の足元と同じ声が・・・。

 

それでも手は離せない

私達アシスタントは、

 

震える手を無理に押さえ、

 

叫びたいのを我慢しながら

仕事をしていました。

 

しばらく間が空いて、

またあの声が聞こえました。

 

それと同時に、

 

先生が悲鳴をあげて、

飛び上がりました。

 

「肩に抱きついてる!」

 

先生は懸命に背中のモノを

振り払おうとしましたが、

 

それでもその最中に、

 

「てすと」と言う、

滑舌のいい子供の声が、

 

本当に先生の方から

何度も聞こえました。

 

生まれて初めて

そういうモノを見た私は、

 

恥ずかしながら、

どうやら気絶をしてしまったようで、

 

その後の騒動は覚えていません。

 

目が覚めたら

他のアシスタント達は、

 

何も無かったように

電話の応対をしていたり、

 

朝食を作ったり

していましたが、

 

先生は寝室から

出て来ませんでした。

 

ちなみに、私のギャラは、

ちゃんと日払いで頂きました。

 

ただ、その先生はその号の

原稿を落としただけじゃなく、

 

そのまま連載も、

休載から打ち切りになり、

 

最近では見かけなくなりました。

 

「消えた漫画家」

 

という感じに、

サイトで時々見かける人ですが、

 

どうか、誰かは

詮索しないで下さい。

 

これが、ここ数年の

一番のシコリでした。

 

やっと人目に晒せて、

いくらか浄化されたような気がします。

 

あの先生もアシスタントの皆も、

無事に過ごしていますように。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ