あのマンションにだけは行けなくなった

マンション

 

これは、新聞配達の集金をしていた時の話。

 

その日は大きなマンションに行き、集金し回っていた。

 

何軒も訪問しているうちに気づくが、本当に色んな家庭がある。

 

例えば、もの凄く警戒してドアチェーン越しにお金を差し出す家もあれば、ほぼ下着姿で出てくる奥さんまで…。

 

それは、ある家を訪ねた時のこと。

 

ドア横のインターホンを押してしばらく待っていると、ドアが開き、まず子供がやってきて、こちらをじっと見ながら「ママー、変なおじさんがきたー」と言う。

 

俺は内心『変なって何だよ!おじさんじゃねぇし!』となっていたところ、奥さんが「ごめんなさーい」と言いながら笑いながら出てきた。

 

どうやらここは子供の多い家庭のようで、奥さんが財布を取りに行っている間中、ドタドタドタと走り回っている。

 

俺はどちらかと言えば子供が得意ではないので、少し不機嫌気味に待っていた。

 

ふと気づくと、玄関にある靴箱の前で3歳くらいの女の子が向こう向きで寝ている。

 

いくら新聞の集金だからと玄関に子供を寝かせたままなんて、この奥さんもどこか変わっているのかなと思いながら、支払いの受け取りを始めた。

 

そして、お釣り渡した後に「ありがとうございます」と言った直後、奥さんもお辞儀をするのに一歩下がった。

 

それを見ていた俺は、「あっ!」と思わず声が出てしまった。

 

なぜなら、奥さんは後ろへ下がりながら寝ている子供を踏んづけていたから。

 

俺は『あーあ、こりゃ泣くぞー』と思ったが、全然そんなことはなかった。

 

子供は何事もなかったかのようにスースーと寝ている。

 

そこでようやく気づいた。

 

この子は生きている人ではない、と。

 

あんな間近でそういう人はそう見ないし、そう考えた途端、あの奥さんの笑顔がもの凄く恐ろしくなり、訳のわからないことを言いながら急いでドアを閉め、そのまま帰宅してしまった。

 

その晩、熱を出した挙句、それから2日ほど寝込んだ。

 

それ以降、あのマンションにだけは行けなくなってしまった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ