前方から歩いてくる女の幽霊

道を歩いていると、

前から女の人が歩いて来た。

 

その女の人は

ズボンの膝が破れ、

 

そこから血をダラダラと

流していた。

 

すぐに、

 

生きてる人間じゃないと

気が付いたので、

 

目を合わせないようにした。

 

過去の経験などから、

 

この幽霊に家まで憑いて

来られたりしたら嫌なので、

 

色んな所を寄り道したりして、

夜遅くにやっと帰宅。

 

しかし、

家の前まで行くと、

 

なぜか自分の部屋の

電気が点いている。

 

不思議に思いながら

自室へ入ると、

 

そこには昼間に見た、

 

膝から血を流した女が

待っていた。

 

そして一言、

 

「遅いよ」

 

・・・と。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ