終電が通った後の踏切に

この話は、中学時代の

友人から聞いた話です。

 

彼の親戚のお姉さんは、

とても心霊体験が多いらしく、

 

当時、彼もよく、

心霊写真を見せてもらったらしいです。

 

場所は言えませんが、

 

地元で幽霊が出ると有名な、

踏切があります。

 

噂では、

 

終電がその踏切を通る時に

幽霊が現れるとか・・・。

 

ある晩、

 

彼女は彼氏の運転で

自宅に送ってもらう途中、

 

件の踏切に差し掛かり、

踏切待ちをしていたそうです。

 

待っている最中ふと横を見ると、

女の人が遮断機近くに立っている。

 

辺りは非常に暗く、

よくは見えなかったらしいのですが、

(街頭も少なく横が雑木林)

 

顔に手を当て、

泣いてるようだったそうです。

 

そこら辺の道はややこしく、

 

駅近くなのに関わらず

暗い箇所が多いので、

 

二人は「道に迷ったのでは?」

と思い、

 

「駅近くまで乗せてあげれば?」

 

と彼女が言ったため、

彼氏が車の窓を開けて女の人に

 

「良かったらそこまで乗られますか?」

 

と声を掛けたそうです。

 

すでに遮断機は上がっていました。

 

すると、女の人は

顔に手を当てたまま頷いたので、

 

彼女が助手席から手を伸ばし、

後部座席のロックを外そうとした時・・・

 

車が急発進。

 

ものすごい勢いで、

踏み切りを渡って行く。

 

彼女は彼氏に向かって、

 

「何してんの!

女の人、乗せんと!」

 

と言うと、

 

彼氏は物凄い形相で

彼女に向かって、

 
「あほか、良く見んかい!

あの女、足無かったやんけ!」

 

と、怒鳴り返しました。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ