ベランダからの光景

大学生になり一人暮らしを

始めたばっかりの頃。

 

行きたかった大学に現役合格して

浮かれまくってた俺は、

それはもうゲーム・アニメ・PCの毎日。

 

夜明けまで遊び倒すなんて

いつものことだった。

 

ある日、いつものようにPCの前で

夜明けを向かえ、何の気なしにベランダに出た。

 

まだ日も昇らない時間帯の、

ひんやりした空気を楽しんでいた。

 

そのまま、ぼーっとベランダからの光景を眺めてたら、

視界の端で何かが動いた。

 

すぐ手前の俺が住んでるアパートより

1、2階低い社宅。

 

そこの屋上にある給水塔の上に、

何かがいた。

 

工事か?と思ったけど、

こんな時間には有り得ない。

 

眠い目を凝らしてよーく見ると、

真っ黒い人間としか形容しようのないモノが

四つん這いで貼り付いてる。

 

昔ビデオで見た「マグマ大使」に出てくる

「人間もどき」にそっくりだ。

 

俺の視線に気づいたのか、

そいつは四つん這いのまま

「シャカシャカシャカ」っと、

ありえないスピードで壁を這い降りて

見えなくなった。

 

あまりに意味不明だったので

ポカンとアホみたいに突っ立っていたが、

すぐに言いようの無い恐怖に襲われて

部屋に転がり込み、

窓に鍵をかけてカーテンも閉めた。

 

それ以来、不用意に暗い時間帯に

ベランダに出たり、

窓の外を覗いたりしないようにしてる。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ