マンション内で殺人事件のあった翌朝に

警察帽

 

深夜、

 

仕事を終えた男がマンションに

帰って来た時のこと。

 

エレベーターが一階に止まり、

乗り込もうとすると、

 

深々と帽子を被った男が

急いだ様子で降りて来て、

 

肩が激しくぶつかった。

 

詫びの言葉もなく不快に思ったが、

 

疲れていたので大して気にも留めず、

その夜は眠りについた。

 

翌朝、

 

テレビのニュースを見て、

男は驚いた。

 

なんと、

 

自分の住んでいるマンションで

殺人事件が起こったというのだ。

 

ふと、昨日の男が脳裏をよぎる。

 

その時、

玄関のチャイムが鳴った。

 

「あの~すみません、

警察の者ですが~」

 

覗き穴から見ると、

警官が一人立っている。

 

「何でしょう?」

 

「昨日、このマンションで殺人事件が

起こったのはご存知ですか?」

 

「ええ。今しがたニュースで・・・」

 

「昨日の夜、不審な人物を

目撃されませんでしたか?」

 

「・・・いえ、何も」

 

「そうですか、

 

もし何か思い出しましたら

署までご連絡ください」

 

「はい、分かりました」

 

男は面倒だったので、

 

昨日のエレベーターでのことは

言わなかった。

 

そして、その夜、

 

帰宅した男の目に

飛び込んできたニュースは、

 

男を驚愕させた。

 

このマンションで起った殺人事件の

容疑者として逮捕された男の顔は、

 

今朝、訪ねて来た警官だったのだ。

 

もしエレベーターの男のことを

言っていたら・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ