生前最後に撮った娘の写真

病院ベッド

 

とある病院に、

 

残り三ヵ月の命と診断されている

女の子がいました。

 

女の子のお母さんは、

友達二人がお見舞いに来た時に、

 

娘をベッドの上で起こせるうちに

最後に写真を撮ろうと思い、

 

病気の娘を真ん中にして、

三人の写真を撮りました。

 

結局、

 

それから一週間ほどで

急に容体が悪くなり、

 

三ヵ月と持たずにその女の子は

亡くなってしまいました。

 

葬式も終わり、

 

多少落ち着きを取り戻した

お母さんは、

 

病院で撮った写真の事を

思い出しました。

 

それを現像に出して

取りに行って見てみると、

 

その写真だけが見当たりません。

 

写真屋さんに聞いてみると、

 

「現像に失敗して・・・」

 

と言ったそうです。

 

不審に思ったお母さんは

娘の生前最後の写真だからと、

 

しつこく写真屋さんに迫ったそうです。

 

写真屋さんも渋々ながら

写真を取り出し、

 

「見ない方がいいと思いますけど、

驚かないで下さいね」

 

と言って、

写真を見せてくれました。

 

そこには三人の女の子が

写っていましたが、

 

真ん中の亡くなった娘だけが、

ミイラのような状態で写っていたそうです。

 

それを見たお母さんは

とても驚きましたが、

 

供養してもらうと言い、

写真を持ち帰りました。

 

それにしても、

恐ろしい写真だった為か、

 

供養を依頼した霊能者は

何も言いたがりません。

 

かなり無理に頼み込んで、

話を聞ける事になりました。

 

その霊能者いわく、

 

非常に残念ですが・・・

と前置きした上で、

 

「あなたの娘さんは、

地獄に落ちました」

 

と言われました。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ