「こんなん撮ったっけ?」

カメラ

 

これは10年ほど前に体験した、ほんのり怖かった話。

 

家族4人でキャンプに行った時のこと。

 

場所は群馬県かその辺り、関東より北方面の河原だったように覚えている。

 

河原には、自分たち以外に人の姿はなかった。

 

そこでは特に何があったわけでもないので割愛する。

 

帰りの途で、キャンプ中に使用していた使い捨てカメラを現像に出した。

 

後日、出来上がった写真を家で見ていると、姉が首を傾げながら一枚の写真を俺に投げ渡してこう言う。

 

「これさぁ、こんなん撮ったっけ?」

 

見た感じでは、特にこれといった写真ではない。

 

家族4人が寝袋に包まり、中央の父が半身を出してランタンの火を調節している写真だった。

 

「さぁ?撮ったんだろ」

 

「ええー・・・・」

 

姉は納得いかぬという風に、眉をしかめていた。

 

そして「撮ってないよ」と言う。

 

「だって撮ってあるじゃん。何?何なの?」

 

「あのさぁ、4人写ってんのよ?誰が撮るのよ?4人で行ったのに4人写ってんのよ、これ」

 

姉の言い分に、今度は俺が納得いかなかった。

 

姉の言っていることは理解できるし、それが不思議なこともわかる。

 

だが、実際にこうして手元に写真があるもんだから、なんとなく釈然としないものがあった。

 

その時、姉はネガフィルムを手にして光に透かした。

 

「どれ?」

 

「一番最後の・・・」

 

「ないよ?」

 

ネガフィルムには、その像は写っていなかった。

 

それに、ネガフィルム上では36枚全てが埋まっていた。

 

つまり、あれは“一枚余分な写真”だったのだ。

 

じっとその不思議な写真を眺めていると、ふと気づいた。

 

その写真は寝ている自分たちを撮っている。

 

それも真上から。

 

すなわち、俯瞰で撮られている写真だった。

 

姉は「うーん」と唸ってから、その写真をどこかへ持っていってしまった。

 

結局、どうにかしてその写真を処理したようだが、それについては知らない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ