ビルの地下工事の写真に写っていたもの

オーブ

 

それは、隅田川の側でのことだった。

 

某ビルの地下で、冷温水発生機の160tレッカーによる搬入作業をしていた。(夏は冷水、冬に温水を作る機械。吸収式500t。1t=1000kg)

 

時間は深夜2時頃。

 

やがて本体の一番大きい部分が入ってくる。

 

重量は約70t。

 

この時の私は、ただ作業を見守っていたわけではない。

 

工事終了後に提出する完成図書のために、工事写真を何枚も撮っていた。

 

作業も順調に進み、無事に機械も据え付く。

 

時間は既に朝4時。

 

作業員は全員帰ったが私は6時から次の作業のため、さっきまで撮影していた工事写真の整理をすることにした。

 

200枚近い画像をチェックする。

 

手振れやピンぼけのものを削除し、使えるものを提出用のフォーマットに張り付けていく。

 

その最中、「ん?何だ?」と手が止まる。

 

その画像には、画面いっぱいに無数のシャボン玉が写っていた。

 

そう、あれだ。

 

世間では『オーブ』と言われる玉響現象だ。

 

しかも、冷温水発生機の搬入作業を撮った20枚くらいの全てに写っていた。

 

思い返せば、この写真を撮っていたのは「丑三つ時だったな」と。※丑三つ時=午前2時から午前2時30分の間で不吉と言われている時間帯

 

これでは工事写真として使えない。

 

私にとっては、そのことの方がよっぽど怖かったが…。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ