友人の消防士と警察官との会話

 

俺の友人に、

 

東京消防庁の消防士と

地元交番の警察官がいて、

 

お互いにとても仲が良い。

 

そんな友人達の話なんだが・・・。

 

この前、久し振りに会って

居酒屋で三人で飲んだんだ。

 

「この前に現場があってさ、

 

親子が三人仲良く川の字になって

黒コゲで死んでたんだよ。

 

よく、火事になったら

落ち着いて逃げましょう、

 

なんて言うだろ?

 

それは不可能なんだよね。

 

ガスを吸ってしまうと、

まず体が動かなくなる。

 

意識のある中でジワジワと

焼かれていくんだ。

 

だからきっついんだろうな・・・」

 

「署で聞いたな。

その事件は放火じゃなかったか?

 

ひでえ事しやがる。

 

最近、

俺も仕事で行ったよ現場。

 

駐車場で練炭自殺があってさ。

マジやっぱりおっかねえ。

 

練炭なら苦しくないなんてのは

大嘘らしい。

 

顔が変だったもの」

 

「少し前に硫化水素なんてのも

流行ったよな」

 

「あれもダメ。

 

あっさり死ねるなんて大嘘だし、

ガスマスクしてないと不味い。

 

実際、緑色に顔が変色して

苦しみもがいて死ぬから」

 

「それも聞いたな。

ここらで流行ってるよな最近。

 

まあ確実なのは、

やっぱり縄で首吊りだな。

 

それも、

誰にも発見されないように樹海で」

 

「こえー話すんなよ。

 

まるで完全自殺マニュアル

みたいじゃねーか」

 

「馬鹿言うなよ(笑)

 

そして別れた後、

警察の友人から電話がかかって来た。

 

「おい、今日の話は誰にも言うな!」

 

結構真剣な口調だった。

 

いきなりの事で全く意味が分からないが、

それが何だか怖かった・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ