夢の中に出てきた男の正体とは

手

 

16歳の頃でしたでしょうか。

 

初夏で熱帯夜の日、

こんな夢を見た。

 

モヤがかかった河原を歩いていると、

二人が争っているのを見つけた。

 

慌てて駆け寄ると、

女が二人。

 

・・・いや、

髪は長いが一人は男だった。

 

着流しに落ち武者みたいな長い髪だ。

 

そいつが馬乗りになって、

女性の首を絞めている。

 

相手は・・・

 

「母さん!?」

 

私の母親だった。

 

苦しそうに呻いている。

 

私が「何やってやがんだ!」と叫ぶと、

男はこっちを振り向いた。

 

片方の目が潰れ、

耳と鼻が削ぎ取られ、

 

歯も何本か無い。

 

開いている方の目で、

私をギロリと睨んだ。

 

そして、こう言った。

 

『カツサダに、

カツサダに目ぇ~取られた。

 

あと一つ、

あと一つコイツからもらう』

 

再び母の方に向き、

 

今度は握り拳で母の顔面を

ガンガン殴り始めた。

 

何とかして母を助けようと思った私は、

 

ハッキリとは覚えていませんが、

とっさにこう叫んだ。

 

「目が欲しいんなら、

ウチの目、くれてやる!

 

母さん返せ!」

 

・・・と。

 

男は殴るのを止め、

目玉の無い顔をこっちに向け、

 

ニヤ~っと笑った。

 

そして母から手を離し、

私に向かって飛び掛って来た。

 

視界は真っ暗になり、

目が覚めた時には汗びっしょりだった。

 

それだけじゃない。

 

私は起きる瞬間まで、

 

自分の左瞼を自分の左手で

ガリガリガリガリ・・・

 

引っ掻き続けていたのだ。

 

その痛みで目が覚めたんだ。

 

その日、

 

眼球がパンパンに腫れ、

眼科に行くハメになった。

 

医師曰く、

 

「失明の心配は無いが、

 

レンズに傷が付いているので

視力低下は免れない」

 

との事だった。

 

おかげで今も視力は1.5と0.3である。

 

後日、お彼岸か何かで

母方の実家に集まる事があり、

 

母はこんな話をした。

 

「夢の中で知らない男に首を絞められて、

死にそうになったんだけど、

 

この子(私)の『お母さん、お母さん!』

って声が聞こえてフッと楽になったんよ」

 

・・・って。

 

私は驚き、

自分が見た夢の話をした。

 

母はボロボロ涙を流しながら、

祖母は嗚咽でしきりに謝り始めた。

 

「ゴメンなぁ、ゴメンなぁ」

 

・・・って。

 

そして祖母はこんな話を始めた。

 

母方の7~8代前の先祖に、

『カツサダ』という男がいて、

 

藩の牢番の職に就き、

特に拷問の役を任されていた。

 

残忍な性格の男で、

 

拷問の途中、

しばしば『事故』と称しては、

 

罪人をいたぶり殺していたそうな。

 

焼きゴテを当て両目を潰し、

爪を剥がし、歯を抜き、

 

耳や鼻を削ぎ落とし、

 

陰茎を切り取って

罪人自身に食べさせたり。

 

それはそれは陰惨な行いだった。

 

カツサダの死後も大いに祟り、

一族内で凶事が続いた為、

 

本家では毎年一回、

 

地鎮祭というか厄払いみたいなのを

やっているらしいのだが、

 

あの年はたまたま

婆さんが入院していた為に、

 

行われなかったのだ。

 

祖母はその事をしきりに謝り、

こう続けた。

 

祖母が嫁に来た年、

爺さんが26の時。

 

たまたま結納時期とかぶり、

その年も御祓いをやらなかった。

 

その時、

 

爺さんも私と同じような

夢を見たのだそうな。

 

夢の中、

 

祖父が河原を歩いていると

両目の無い男が現れ、

 

顔を鷲づかみにし、

 

『カツサダぁ~目ぇ~返せ~』

 

と祖父の右目をえぐり取っていった。

 

そんな夢だ。

 

その時期から爺さんは

白内障を患い始め、

 

半年の間に右目は失明してしまった。

 

生前の祖父の白く濁った右目を、

何度も見ているので周知であった。

 

「『両目の無い男』って言うたよね、

ウチの夢では片方あったんやけど」

 

愚問だった。

 

婆さんは当然の如く、

 

「そりゃ片一方は爺さんの目だぁな。

 

目ぇ覚める時に男が、

 

『次は左目を返してもらう』

 

て言うたんだと。

 

○○(私の名前)には悪いことをしたがぁ、

両目が揃えばもうアレも出ぇへんやろう」

 

私は震えが止まらなかった。

 

視界が真っ暗になり、

左目の痛みと共に目覚める瞬間、

 

あの男は確かに、

私にこう囁いたのだ。

 

『次は耳を返してもらう』

 

・・・と。

 

きっと、また夢の中に

あの男は出てくるのだろう。

 

私の子供か、

それとも孫の代か。

 

今度は両目が揃った耳の無いアイツが、

耳、鼻、歯、命・・・

 

奪われたモノを全部取り返すまで

あの男は夢に出てくるのだろう。

 

カツサダの子孫を怨み続けるのだろう。

 

子孫?

 

「ハハ・・・ザマぁ見ろ!」

 

私は独り毒づく。

 

私はゲイなんだ。

 

(終)

※最後の意味を補足すると、子孫を怨み続けるカツサダだが、私はゲイ(つまり男)なので子供は生めない。つまり、私の代で家系が途絶えると皮肉って(毒づいて)いる。

スポンサーリンク

One Response to “夢の中に出てきた男の正体とは”

  1. にゃんころ より:

    なんてオチ

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ