死なせられない臨界事故の被爆者

放射能

 

JCOの起こした臨界事故の話。

 

JCO(wikipedia)

ウラン関係施設・廃棄物の管理等を事業する会社。

 

臨界事故(wikipedia)

意図せずに核分裂性物質を臨界させてしまい(つまり核分裂連鎖反応がおきている状態にしてしまい)、大量の放射線や大量の熱を発生させてしまう事故のこと。

 

俺の聞いている話だと、

 

中性子で体がボロボロにされて

再生能力がなくなってしまうという。

 

報告書では、体の一部が壊死し、

心臓麻痺で亡くなっている。

 

溶けてぐちゃぐちゃになっているのに、

まだ生きていたのが壮絶だった・・・

 

(ページ最下部に画像有り)

 

死ぬほど洒落にならないのは

確かな話なんだけど、

 

むしろ死んだ方がマシだと思える。

 

被爆直後はちょっと火ぶくれを起こした

普通の状態だった。

 

だが、被爆してしまうと、

 

DNAがずたずたになり、

正しく細胞が作られない。

 

脳と心臓というのは

細胞の新陳代謝がゆっくりで、

 

他の器官より被爆ダメージが

ゆっくりになる。

 

身体はぐちゃぐちゃなのに意識もあり、

心臓も動くから生きられるという。

 

限界値以上のモルヒネを打っても、

まったくもって効かない。

 

1日に何リットルもの輸血に、

2~3kgの下痢。

 

(内臓や体液が溶け出している)

 

心臓は被爆してからずっと、

100メートルダッシュをしている状態。

 

こんな状態でも生きられてしまうほどに

現代医学が発達したのもあるが、

 

『貴重な事例』

 

として格好の研究の題材にされ、

各国からも見学に来たりと、

 

決して『死なせられない』状態

だったらしい。

 

ズサンな管理といい、

 

こういうことを聞くと、

生きている人間が一番怖いと思うよ。

 

被爆された方は、

普通の墓にも入れてもらえない。

 

ご冥福を祈るばかり。

 

閲覧注意

この被爆者の写真をご覧になりたい方は、

こちらの画像からどうぞ。

 

なお、グロ系が苦手な方や食事中なら、

閲覧は控えることをおすすめします。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ